心と体

2017年1月30日 (月)

少しづつ・・・

Photo
リハビリを休止(事実上は止め!)したのも、

否定するからでもないし、もういいでしょう・・・

と言われた訳でもありません。療法士さんに

身体の調子、筋肉やら運動量での相談も

気軽に出来るし、月2回であっても行くことで

動きとか見られ、触られることでいろいろ

アドバイスなりもらえるのですが・・・ただ

ある時、リハビリで動いてるから、それだけで

「やってる感」があって、なんとなくですが、

「まっいいかっ!」でした。どう言えばいい

かですが、人まかせ、療法士さん任せ・・・

これじゃ何の意味もない、あれすれば、これ

やってみればと折角アドバイスもらっても

自分から進んでやらなければリハビリの

意味がない・・・ようやく気付いて1年前に

止めました。

2

プール歩行はリハビリ訓練中からやってましたが

体育館ジムでのトレーニングは一年と少しくらい

かな?、また慣れてきだすと、週に何回かやってる

からいいや・・・なんて思うようになってきました。

でも運動と言えるほどの実感はないし、ただただ

少し身体を動かさなくちゃ!程度・・・アカンアカン

ゼ~ゼ~言うほど、汗が吹き出すほどまでとは

無理ですが・・・それでももう少しはしんどい思い

しなければなりません。運動した実感がないこと

には・・・今年に入って少しづつですが、負荷を

大きくしたり、時間を長めにしたり、消費カロリーを

前回より0.1Kcalでも増やそうを目的にやって

きています。治る治そうなんて無理でしょう・・・

慣れることこそが…って思うようになってきました。

| | コメント (4)
|

2016年10月15日 (土)

60の手習い

Dsc_0699_2

「60の手習い」…歳をとってから、学問や習い事を始める。

60歳になって文字を習い始めることから、学問や習い事

するのに年齢制限などなく、たとえ晩年に始めても遅すぎる

ことはないという意味が込められてる。

隣の孫5歳のプリンセスが10月からすぐ近所の家での

ピアノ個人教室に通いだしました。冗談半分で「私もやろう

か~?」と言っていたら、カミサンが早速話を進めていて

最近還暦(60歳)を迎えた日から始めました。ただ理想は

60年70年代の洋邦楽が少しでも弾ければ(あくまで理想)

ピアノコードだけでも覚えられてたどたどしくても弾ければ

なんて無謀な考えですが・・・まあ本音は指を動かすこと

頭のリハビリ、ボケ防止になればいいのかな・・・?です。

ピアノはギター、ドラムの次にお遊びでほんの少々触り、

子供が習っていたと頃には「ネコ踏んじゃった」を教えて

もらって四苦八苦しながら弾いた程度ですが・・・ギターも

今はままならない状態ですから、少し目先を変えて音楽に

向きたい思いもあるにはありです。でもやっぱり大変そう

です。まあどうなるやらどこまでやれるか分かりませんが

何とかボツボツやってみようと・・・楽譜・・・よめましぇん!

| | コメント (4)
|

2016年10月 9日 (日)

リスタート

Photo

術後1カ月・・・主治医の先生は10月入ったらボツボツ

以前のように身体動かしてもらっていいですよ!のこと

でした。先週には体育館の事務所の工事も終わり、また

トレーニングジムも再開しましたので、一度感覚を取り

戻すべく軽めにエアロバイクへ・・・そして今日はプール

歩行へと、小2と小1の兄妹孫からも昨日「明日、プール

行こうな!」と催促もありましたので・・・福岡町へと・・・

どちらも以前より7割くらいの力でしたが・・・術口周りは

多少の痛みはまだありますし、違和感もあります。まだ

中々思い切り踏ん張ることも出来ません。正確には

踏ん張っていいものか?って思います。正直かなり

疲れました。ボツボツやります。

| | コメント (3)
|

2016年10月 4日 (火)

カツコツ・・・

Photo

「奇跡を起こしたい・・・」の言葉に担当医は、

「奇跡を起こすには着実に一歩一歩踏み出す事、

そうしなければ奇跡は起こらない!」・・・耳が痛い・・・

別に小林麻央さんのファンでもないです。ただ昔テレビ

画面から見れる素敵な笑顔と優しい口調が特徴的な

女性です。ステージ4の癌、この若さ・・・それでも彼女は

「5年、10年、あわよくば30年生きたい・・・」

前向きに子供、旦那、家族のために必死で頑張ってる

ようです。本当に頭が下がる思いです。

自分が入院中も、多くの入院患者さんがリハビリだけ

でなく、セラピストの先生から自主連を教わり必死で

毎日毎日身体の運動をやってる姿、パズルやらドリル

日記など読み書き考え頭の運動などなど・・・

ダメやな~この爺は・・・反省・・・

| | コメント (3)
|

2016年9月16日 (金)

術後の初外来

今日は退院してここでは初めての外来です。

まあまあ痛みはまだ少し残ってはいますが

なんとか順調のようです。ただ何度も言いますが

悔しいかな「バンザ~イ」とは素直に喜べまシェン。

Dsc_0390

入院中ボ~っと見ていたなんてことない田舎の景色。

Dsc_0397

ここから見ていました。

| | コメント (2)
|

2016年9月14日 (水)

どうして

4年前突然訪れたまさに「青天の霹靂」の一日・・・

医大で何もわからぬまま大手術で一ヶ月半、そして

リハセン病院へ転院し5ヶ月間、2013年1月に退院。

まあ完治でお疲れ様でもなく先行きに不安を抱えながらも

・・・でしたが、5ヶ月も病院でいると多くのスタッフや患者

さんと顔見知りになるし、名前も知らず話したことなくても

お馴染の顔になります。退院日に多くの看護師さんや

療法士さんに見送られてお別れしました。少し卒業式の

ような雰囲気がありました。今回は3泊4日の入院でした、

たくさんのスタッフさんにお世話になりましたが、でもまあ

同じ仕事なんでしょうが、なんかベルトコンベアーで

マニュアル通りに運ばれて終わった感じです。退院時も

「お大事に!」とステーションにいる看護師さんたち・・・

まあ短期間ですし、次々重症の患者さんの受け入れ態勢

準備にお忙しいので当たり前のことなんですが・・・

どことなく全く違った雰囲気を感じました。まあもちろん

良し悪しを言ってる訳でも僻んでる訳でも全くありません。

個人的に勝手に感じただけです。

で家が一番なんですが、やっぱりこの曲が一番沁みます。

「やっと一人になれたからって 涙が出たんじゃ困るのさ

やっぱり僕は人にもまれて みんなの中で生きるのさ!

・・・・・・・

人の心は温かいのさ 明日はもう一度触れたいな

ひとりごとです 気に留めないで 明日になるといつもの

ように心を閉ざしている僕さ ♪」    です。

| | コメント (2)
|

2016年9月12日 (月)

もう許して下さい。

Dsc_0393

毎日この談話室の椅子に座りボーっと外の景色を

眺めていました。

Dsc_0404

ほぼ土日とか夜間の見舞いとかしか来ない市民病院。

金曜日とか今日(月曜日)なんかたくさんの患者さんが

来ているのです。市民病院ですからまあ当たり前の

光景なんでしょうが・・・驚きました。

Img_3179

手術前に履かされたストッキング(4年前も履いてたような?)

しばらく寝たままの状態、いわゆる長時間飛行機に乗って

いて起きるエコノミー症候群対策用で使用…締め付けられる

感じです。退院際に看護婦さんに「これは、どうすれば?」と

尋ねると、「あ~持って帰って下さい、また入院する時とか…」

すかさず「もう勘弁して、入院やしたくないわ!」でした。

無事退院しました。ホンマお騒がせ、ご心配かけました。

| | コメント (4)
|

2016年9月11日 (日)

二日間は…

手術した金曜日と翌日の土曜日だけは

術後の痛みもあってほぼ動かなかったのも

ありますが、ただそれだけに目眩やフラツキの

今の状態がほとんど気にならなかったようで…

このままどさくさに紛れて以前のように普通に

戻れば…、なんて夢のようなことをつくづく

思います。今回の術後の経過が良くになる

に連れて、「あっ、そう言えばヨタヨタ

しながらタクシーでここまで来たじゃん!」

改めてそうだったわ~…と痛感してます。

なんだかなあ~ですわ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2016年9月10日 (土)

バカンス旅行

バ・カ・ン・ス…?馬鹿留守です。

鼠径ヘルニア、いわゆる脱腸です。

今年の始め頃から痛みが出たり引っ込んだりで、

リハセン内科主治医に軽く相談して

ましたが、先月バタバタしていた頃

一度外科で診察してもらったら…で

紹介状を書いてもらい、先週診察受けました。

外科の先生の見解は間違いなかったですが、

今現在激しい痛みもないならば、慌てて

手術をしなくても…、でしたが…

さらには手遅れの危険性もないでしたが、

やはり年老いてからの手術もリスクが

大きくなるし、今の時期少しでも踏ん張って

体を動かさないとだめだし…で決断しました。

昨日無事に手術は終わりました、術後も当たり前

のように痛みはありましたが、少しづつ落ち着いて

来ています。月曜日には退院予定です。

もう少しだけ馬鹿留守楽しみ?ます。

皆様ご心配なく…恐縮です

| | コメント (4)
|

2016年7月 4日 (月)

4年かあ・・・

Hasigo

2012年7月1日…「青天の霹靂」から4年です。

四周忌?四歳の誕生日?のような感じです?

ええ加減現実を受け止めなくてはならないの

ですが…やっぱまだ「なんで?」「何があった?」

続いてます・・・ダメやな~・・・ですが・・・

小2の一番孫はこの状況をだいぶ理解してる

感じで・・・「ジイジ、なんでヘルメット被って

なかったん?」とサラッと聞きます。

「ホンマにな~、落ちて頭打つの分かってれば

被ってたのにな~・・・」と笑って答える。

事故現場にはおそらく行ったのだろうは、ほんの

少しだけ記憶にありますが・・・それから先は

全く何があったのか、さっぱり記憶ありません。

でもまだ生きてます・・・毎週木曜日はリハセンの

ロビーで戦友(同時期に入院、外来で仲良くなった

仲間)たちに会っては互いに励まし合い、コーヒー

飲んでダべリングを少々してます。

「出来るとか、出来ないじゃなくとにかくやってみる」

・・・今の結論的な・・・?分かってるんだけどね~。

| | コメント (4)
|

より以前の記事一覧