« あしたのジョー | トップページ | デブ菌 »

2016年6月 7日 (火)

ちょっ、タンマ!

Choku_top2

「ちょっ!タンマ」今はもう死語的で使う人もあまり

いないのではないでしょうか?昭和爺はガキの頃

からよく言っていたちょっとタイム!の「timeout」の

短縮?鈍って?ふざけて?感覚で使ってたのかな?

今朝の「めざましTV」でもやってましたが・・・

Play15


Img_7_m

今流行りのボルダリングのチョーク、そしてお馴染

体操選手の必需品「炭酸マグネシュウム」・・・

白い粉(決して危ない薬ではありません。)

「スベリ止め」ご存知でしょうが、この粉の略「タンマ」

これが語源の説もあるようです。体操では鉄棒や

吊り輪などの競技中落下すること少なくないが、

制限時間内に戻り演技を続ければ大丈夫で、

その時に同じチームの同僚が滑って落下した選手に

「タンマ、タンマ」滑り止めをつけて今一度ガンバレと

励まし声をかけたのがこの語源の説の一つとも

されてるようです。諸説ありますが・・・

|
|

« あしたのジョー | トップページ | デブ菌 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「タンマ!」そうそうよく言ってました。
今・・・使ってるかなぁ~?
無意識かもしれません。
体操の選手が使う滑りどめですか~
へぇ~~~~~!です。

投稿: サボテン女 | 2016年6月 7日 (火) 13時37分

「タンマ」…

ヤマサキは、「待った」の

「まった」を逆さまにして「たっま」

で「タンマ」だと聞いたこともありますね。

その時は「なるほど~」と思いましたが

そう一筋縄ではいかないようですね。

でも…「炭酸マグネシウム」は…

ひねりすぎみたいな気がしますね。

体操は人気種目でしたが

でも、その専門用語が一般に広がるような

そんな時代でもなかったと思います。

なにしろ、知ってる用語は

「ウルトラC」と、「大車輪」だけでしたからね。

話は逸れますが

子供の頃は「タンマ」のアクセントは

人気漫才の「Wけんじ」の

「ヤンナ!」のアクセントで言ってましたね

あれはおもしろかったです!

投稿: ヤマサキ | 2016年6月 7日 (火) 14時41分

タイムがタンマとか、それこそ

待ったの逆さでタンマの意識で

使っていたと思います。

おそらく体操選手、業界内での

「タンマ」(炭酸マグネシュウム)が

タイミング的にはその場面に合って

使われていたのでしょうが・・・

まあなんとなく後付け的なイメージは

ありますが、いやあやっぱり日本語は

面白いですね~!

投稿: ゆず親父 | 2016年6月 7日 (火) 15時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あしたのジョー | トップページ | デブ菌 »