« 今朝の歌 | トップページ | 香川では「車で・・・」 »

2015年6月 2日 (火)

救急車

Img_0

これまでの人生で3回かな?お世話になった救急車、

20代の時には急性神経性胃炎とかで、夜中に腹が

痛くて痛くてのたうち回って運ばれた記憶はあります。

でもその痛みは全然覚えてません。2度目は10年

以上前、信号交差点で赤で止まっている所に後ろから

軽四がノーブレーキで突っ込んできました。首に痛み、

私の前に止まっていた車にもはずみで激突・・・その

ドライバーのほうが怪我が重そうで救急車へ・・・

「あなたも一緒に行っときましょう!」と救急隊員の方が

同じ救急車で座って病院へ直行・・・そして三年前の

7月1日、何度も言いますがこんな屁のような人生でも

大きな大きな人生転機を迎える全く覚えがないドライブ?

今から思えば決してネガティブ発言ではありませんが、

あの時逝っていれば、本当に何もわからないままに

この世から静かに消えさっていれた、いや「いた」ですか?

子供の頃から「死ぬのは怖い、死んだらどうなるの?」と

思い続けていた。分かってることだけど、人生終盤に

近づくと覚悟?も少しは出来てきたけど、やはりどんな

終焉を迎えるのだろう?と気にはなっていた・・・

「神様がまだ早いと戻してくれた」「この世にまだやり残した

ことがあるんだろう」・・・いろいろ励ましてくれて本当に

ありがたく思ってます。ただ退院して2年半が近づき

ましたが、その間心身ともに大きく揺れ動いています。

何でこんなことをしたのか、言ったのかなんて思うこと

たくさんあり、申し訳ないと後悔ばかり・・・

100%元には戻れませんが、今の100%の力を必死で

出す事こそが生かされてる意味なんでしょうが・・・

気持ちは重要で、前向きな気持ちで進むことは大事です

でも元気な体があったからこそ、ここまでなんとかごまかし、

ごまかしでやってこれたような気がします。

でも生きてます。生かされてます。3食昼寝付きで有難く

平和に生かされてます。必死で病や怪我や理不尽な事で

苦しんででも頑張って生き抜こうとしている人がたくさん

います。恥ずかしい限りです。ただ折角生かされてるの

ですからENJOYしなきゃ~・・・ね!

* 日曜お昼、セルフうどん屋さん出入り口に突然救急車、

何があったかはよく分からなかったのですが、正直もっと

ざわつき人だかりが・・・と思ったのですが、私とカミサンは

「何々?何があったの?」でしたが、意外にもみんな冷静?

遠目で何かあったのかな?くらい、店内の客もチラッと

見てるだけ、子供達は「救急車、救急車!」とはしゃぐだけ、

・・・こんな時代なんでしょうね~・・・

|
|

« 今朝の歌 | トップページ | 香川では「車で・・・」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

去年の6月…

突然、身体を拘束されて、三週間…

与えられた空間は、6畳ほどのところに男が

2人、時には3人。

何の自由もなく、命じられるままに動き

そして全てを奪われた。


なんてことがあってから、一年です。

自由にはなったところで、元の状態には

二度と戻れないと思います。

でも、毎日を「できるだけ」前向きに

「できるだけ」明るく

「できるだけ」…と思っています。

仕事はできているし、収入もわずかながらもあるのですが

世間的には「抹殺」されたようなものです。

今まで通りつきあってくださっているのは

ゆずおやじさん、サボテン女さん

まーみんさん、たつやさん

そして今教えている生徒たちだけですね。

うーん、

でも、明日はもっと良い日になるだろうと

信じる気持ちだけは

失わないでいこうと思います。


あーわけのわからないコメントになった~

投稿: ヤマサキ | 2015年6月 2日 (火) 16時06分

久しぶりにお会いして話をお聞きした時、

本当に驚きました。酷い話です。私なら

完全に潰れていたでしょうね~、病気などは

本人の頑張りで希望は見えてくるでしょうが、

とにかく権力に抑えつけられ身動きも出来ない、

抵抗すれば抵抗するほど不利になって行く・・・

なんだか間違ってますが、これが現実なんですよね、

なんか無力でガンバラナイ自分が小さく、情けないと

痛感しました。


とりあえずは小さくても目標、目的らしきものを見つけても

進めない、進まない自分に苛立ちを感じます。

しっかりしなければ!の毎日です。


投稿: ゆず親父 | 2015年6月 2日 (火) 21時58分

ヤマサキとゆず親父さんは

種類は違いますが、

「大変な道」に迷い込んでしまったのは

これは事実ですよね。

でも、心だけは一つにして、

お互い、励まし合った行きたいと思っています。

いつか、バタクリ会が再開して

そこで、ヤマサキの「不条理に対する抗議」を

大声で言いたいと

それが今の夢ですね。

投稿: ヤマサキ | 2015年6月 2日 (火) 23時40分

自分は、2度乗ってます。

しかし、1度目は、小学生にもなってない頃で、その当時、まだ三木町には、救急車が整備されてなかったのか、パトカーで病院に搬送されたそうです。

投稿: たつや | 2015年6月 3日 (水) 00時15分

私も記憶にあるのは2回です。
場所は大阪。
同じ日に同じ救急車、そして同じ病院へ。
救急車の隊員の方には
「あら、さっきも高松の人だったで」と。 
病院では看護婦さんに
「おかえり」と言われました(^^;)
 

投稿: サボテン女 | 2015年6月 3日 (水) 10時14分

たつやさん

私も20歳前後、大阪でオカマを掘られた時は

別に痛みもなかったので警察だけ呼んだの

ですが、ポリ・・・警察の方が「病院行っといた

ほうがいいよ」とパトカーで知ってる病院へと・・・

その時は医者とコンタクトは取れなかったのですが、

「明日にでも必ず行っときや!」でした。

スピード違反?で乗せられた時と全く違う対応でした。

サボさん

しかし同じ日に同じ病院とは・・・

まあ忘れられないでしょうね~!

投稿: ゆず親父 | 2015年6月 3日 (水) 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今朝の歌 | トップページ | 香川では「車で・・・」 »