« 映画字幕の世界 | トップページ | 30周年 »

2015年1月15日 (木)

あしかけ3年・・・

Hos_genkan

今年初の診察とリハビリへ、あしかけ3年目の病院へ、

入院中から外来へとリハビリで器具とか療法士さんの

手助けで少し歩くだけで、あとは車椅子ばかりの

移動の病院でした、今日は特に強い思いはなかったの

ですが、車椅子を使用せず四点杖だけで診察から

リハビリから、全て自分自身の意志で行った。入院当時

から私を知るDoctorも看護師・療法士さんもみんな!で

驚かれました。本当にここまでなったとか、頑張ってる

やろ!なんて気はありません。(少々あったかも…?)

でも病状はほとんど変わってなく、体が少しだけでも

慣れてきたのかも?ただいつも気軽に挨拶してくれる

療法士さんも、遠目には「誰?」的に不思議そうに・・・

でも私と分かると「ごめん!全然気がつかなかった~

車椅子のイメージしかないから・・・」担当だった療法士

さんも、二度見して目を疑いながらも近寄ってきて

大喜びでハイテンション気味!何度も言いますが

あしかけ三年です。入院リハビリ中に真面目に頑張って

いればもう少し早く違った結果が出てたかもしれませんが

、言い訳っぽいですがそれを含めての病状です。

それに別によかったよかったおめでとう!話では

ありません(誤解のないように!)。まだまだこれからです。

実際、バッグや上着を持っての移動・支払いや院内の

コンビニでの買い物などなど疲れきったし、大変でした。

|
|

« 映画字幕の世界 | トップページ | 30周年 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

何を回復と呼ぶのか…

これは難しいですね。

ヤマサキも、いまだに道で知った人に会うと

向こうは「さげすんだような」

「哀れむような」顔で見ます。

こちらの心理がそう感じさせるのかも知れませんが

もしかすると、

私の場合、復活はないのかも知れません。

いわれのないことで拘束され

わけの分からない報道をされ

そして言い訳の場も、説明の場も与えられず

そのままにされる…

うーん。

分かってくれている人だけが分かってくれれば

なんて、強がりに過ぎません。

やはり「不条理感」だけが残りますね。


傷口をナメ合うのは好きではありませんが

ともに頑張っていて

ともに届かなくて…

ということに、今のところなっていますが

でも諦めません。

明日を信じる心がなくなればオシマイデスからね。


さあ、明日こそは、良いことあるかな~♡

投稿: ヤマサキ | 2015年1月15日 (木) 22時57分

病気や事故でのケガと精神的な打撃とは

質が異なるでしょうが、いつ何をもって回復と

言えるのかは難しいですね・・・病院のスタッフさんが

驚いたり褒めて下さったり、ある意味治療の流れですから、

そう思いつつもやはり喜んだ笑顔を見てると、素直に

嬉しく励みにもなります。自分自身では決して様子は感じない

ですが、特に療法士さんからは外面(体)だけでなく内面も

察知してくれてますから変化があったことは間違いないと

思いました。カミサンに「生きてて楽しいと思ってる?」と

グサリ言われ考え込みました。やはり明日は必ずある!

それは今日よりも必ずHappyな日がくる!そう思って

生きるしかありません。信じましょう!!

投稿: ゆず親父 | 2015年1月16日 (金) 14時31分

退院から2年ですね。

完治とはいかない分、
喜べない部分もあると思いますが、
一歩ずつ、確実に前進していますね!

その立場にならないとわからないと思うので、
私にいろいろ言えないと思いますが・・・。

普通に動けることが本当に
すごいことでありありがたいことだと
軽症の2年前の私自身を思い返しても感じます。

なかなか前向きにといっても
いつもいつも強くはいられません。
楽しい気分にだってなれなかったり、ですよね。

すみません、なんだか
まとまらなくなってきましたが・・・。

でも、やっぱり一歩ずつ進んでいると思います!

投稿: まーみん | 2015年1月16日 (金) 15時25分

まーみんさん

入院中は何も考えず普通に起きて歩ける事が

こんなに大変だと痛感させられました。腹筋、

足筋、バランス・・・ただ歩くだけにです。

正直ガッカリで歩けないのかな~と不安になった

ものです。もちろん今も普通に歩けるわけでは

ありません。疲れるしパニくることもしばしばです。

でもどうであれこのまま動けないではいけない、

凹んでばかりでは何も始まらない…それだけは

ようやく自覚しだした気がします。

まーみんさんもあれこれ大変でしょう!が

どうぞお体ご自愛くださいね、やっぱり

「元気があれば何でも出来る!」ですよ。

投稿: ゆず親父 | 2015年1月16日 (金) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画字幕の世界 | トップページ | 30周年 »