« ムムムっ! | トップページ | エアーK! »

2014年5月11日 (日)

小さいサクランボ~

Img_1462

家の前の道路際に「サクランボ」の木があります。

ウチの長老が植えたもので、所有権はS家にあるはず?

毎年春になると真赤に色づき食べごろを迎えるが、

そんな考えを持つのは人間だけではオマヘンにやわ~

そうカラスであります。いつもそろそろ色づく頃かと

思い見に行くとほとんどスケアクローたちに無残にも

荒らされた後・・・今年はカミサンがCDを3枚ほど

(効果あるのかね?)吊るし、長老婆がネットを張って、

おかげで一杯の実が・・・カミサン曰くもっと実をカット

してればよかったと・・・凄い小ぶりのサクランボに

なりましたが、殿孫とプリンセス孫は「美味しい」と

バクバク食べてました。

Img_1456

そうそう路地物イチゴも今年は豊作、赤くなったものからプチ

収穫、さらには夏には葡萄が(あまり甘くはないかな?)

Img_1454_2

やっぱり田舎がいいよ~って自分は苦労してないけどね・・・

|
|

« ムムムっ! | トップページ | エアーK! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

我家の庭にも「サクランボ」の木があり
毎年GWが終わったあたりに実の収穫します。

木の高いところの実は私が脚立にあがって、
低いとことは嫁さんが、外壁の外に出ている
枝からの実は小学生が(我家は通学路に
面しているために帰宅途中の小学生が帰り道に
実を取って食べてるという・・笑)

カラス対策として今年は嫁さんが木の枝に
白のナイロン紐を掛けまくってましたわ。
効果があるのかどうかはカラスに
聞かなくてはわかりませ~ん。

投稿: 310 | 2014年5月11日 (日) 22時29分

植物の葉緑体が

水と二酸化炭素を原料に

太陽光の力を利用して「光合成」します。

その結果が「果実」です。

そう考えると

素晴らしい「結晶」なのですよね。

勿論「大きい」「小さい」

「美味しい」「もいひとつ」と

色々あるでしょうが

生命の神秘であるのは事実です。

たかが…たかがです。

水と二酸化炭素が原料です。

それであの美味しい実がなるなんて

不思議以上の何ものでもありませんよね。


それを自然の仲間であるカラスが食べる。

見事な食物連鎖です。

無機物から有機物が生じ

それを動物が食べる。

地球に姿を現した順序では

たぶんカラスの方が人間より先でしょうから

彼らが先に食しても

文句言えませんよね。

そんなことを考えていると

何となく嬉しくなってきますが

それはヤマサキだけでしょうか?

投稿: ヤマサキ | 2014年5月11日 (日) 23時10分

家で収穫したてを食べれるって
うらやましいです。
 
ばあちゃん家でもらっていたビワや野菜は
今年から購入しないといけません。
ちょっとサミシイ。

投稿: サボテン女 | 2014年5月12日 (月) 08時28分

カラスは美味しいものをよく知ってます(笑)。

以前「すいか」も少しだけ作ってましたが

見事にやられてました。

隣のプリンセスは田舎で大婆が多くいるのか、

意外と年寄りが好む食べ物を好んで食べます。

野菜・果物は好きですが、昨日と今日では

全く変わることも再々です。驚いたのは

遅めのおやつ・・・丼の冷や飯をおかずなしで

美味しいって食べてたことがありました・・・

恐るべし!

投稿: ゆず親父 | 2014年5月12日 (月) 15時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ムムムっ! | トップページ | エアーK! »