« サザエさん症候群? | トップページ | 七草粥 »

2014年1月 6日 (月)

「僕一人」

30299833_o1


一人が好きさ 誰の目もない

一人が好きさ お酒と僕

一人の部屋さ 誰もいないよ

一人の部屋さ ベッドと僕 ♪

吉田拓郎作詞・作曲/「僕一人」より

なんか、昨日の続きみたいになってしまいますが、

今日からまた一人の時間が多くなりました。

なんか面白くない時や、しんどい時、暇な時、やる気が

湧かない時・・・などはお酒が大好きなら飲んでクダ巻いて、

音楽聴いて散歩したり、車で海に行ってみたりしたり・・・

どんなことでもすぐに思いのままに動けば少しは気分も

変わり新しい発見があったり・・・、ましてや一人で誰からも

見られず、誰にも縛られず、気楽ならば・・・

でも一人で出来ることは限られてます。頑張っておかしな

ことになっても迷惑かけるだけ、でもでも一人で出来ることを

何とか一つでも増やさなきゃ~ね~

今日はなんか昨夜から眠れず、一人になってからベッドに

いる時間がかなり長くなってしまった。 ごめんなさい・・・

自虐ネタは結局ネガティブになるばかり ごめんなさい・・・

|
|

« サザエさん症候群? | トップページ | 七草粥 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

理想と現実は常に食い違います。

だから落ち込むし、イヤになります。

ヤマサキも同様です。

自分のやりたいことと

今やっていることは違いますし

自分のなりたい自分と

今の自分は違います。

でも、その「落ち込み」の中に人生があると

昔、本で読みました。

子供たちにもそれがあります。

部活をしたい。

でも、丸高には行きたい。

遊びたい。

でも、大学には行きたい。

もっと背が高くなりたい

もっと可愛くなりたい

もっと賢くなりたい。

望みは雲よりも高く

自分の足は地面から離れません。

富士山に登って

下界を見下ろした気分になっても

それでも自分の足は

地べたにくっついています…

しんどいですね。

イヤになりますね。


ヤマサキも今日は授業が正味10時間以上。

つまりは10時間以上、立ち尽くし…

でもまあ、明日はやってきます。

「今日まで、そして明日からを、馬が歌ってる~」

です。


投稿: ヤマサキ | 2014年1月 6日 (月) 23時49分

ある日、ラジオから流れる音楽に
突然 涙が止まらなくなった
それが沢田知可子 「gift」
 
この歌詞で虐められていた当時の気持ちが
ドッとあふれ出てきたんだと思う。
今でも 聞くと涙ぐんでしまう。
 
そして、何かある度にこの歌を聞いて
「まだ大丈夫 まだがんばれる」と。
 
思うようにはなかなかいきませんね。。。

投稿: サボテン女 | 2014年1月 7日 (火) 14時10分

私は歌の力、音楽の力を信じます。

運動会の「かけっこ」、乳児の子守り歌

パチンコ屋の「軍艦マーチ」や「蛍の光」

(今は流れてないのかな?)

実に見事な選曲ですし、ある意味「力」を

感じませんか?

そんな中私は拓郎の楽曲に出会い詩もメロディー

にも感銘しました。いろんないろんな事が

これまであったけどその度に何かの曲を

自分に置き換えて聞いてました。

歳を取るに連れて、聴き方も変わってきました。

拓郎とは10歳の年の差はあるものの

詩の意味をじっくり聞き直す事が多くなりました。

同じ歌でも若い頃に受けた感覚とやはり異なる

感覚を受けるのも多く、やっぱり彼は「偉大だ」と

思わされます。そして今の曲は素直に今の自分に

入って来ます。

大病をしてこうなったこともありますが、

彼の歌が本当に心に沁みグサッと突き刺さります。

カミサンは言います「一人が気楽でいいやろう・・・」

確かにそうですが、「どうしてこんなに悲しんだろう」が

頭の中を流れます・・・

投稿: ゆず親父 | 2014年1月 8日 (水) 13時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サザエさん症候群? | トップページ | 七草粥 »