« 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」Vol.13 | トップページ | After(WEEKEND FOCUS) »

2012年6月21日 (木)

今日は久しぶりに一日中を通して雨rain、しかも

珍しくガッツリと降ってる感じですね。

こんな朝から大雨なのに「傘」もささずに歩く、

合羽も着ずに自転車に乗って通学する高校生、

しかも女の子・・・オイオイオイ~

「雨」、「傘」、「高校生」・・・40年前くらいの照れくさい

思い出が・・・つきあっていたわけではありませんが

同級生で同じ新聞部の女子部長、部活で遅くなり

最後は私と二人きりになって、流れで一緒に帰ることも

こんなことは、まあよくあることですが・・・、

曇り空のある日、いつもと同じように一緒に帰っていたら、

ポツ、ポツと雨粒が落ちて来たのです、彼女は予報を

聞いていたのか傘を用意していて、ゆっくり広げながら

「はいったら・・・濡れるよ!」とためらうことなく声を

かけてくれたのですが、「大丈夫、大丈夫、小雨やん」

季節は初夏のむし暑い日だったでしょうか?シャワー気分で

雨を楽しむように歩いていたら、雨脚がどんどんと強くなり

土砂降りに・・・、さすがに見かねた彼女は私の手を引いて

傘の中に「バ~カ、ハンカチもタオルも持ってないやろ」と

私に傘を持たせ、カバンから小さめのタオルを取り出し

差しだす・・・それまではいつものおバカ調子でアホばかり

言って笑かすばかりしていたのが、彼女との距離が肌が

触れるほど接近すると、何だか急に恥ずかしくなり、会話も

なくなりウブで照れ屋?な私はいたたまれなくなり、

「今何時・・・うわっ!見たいテレビが・・・先に走って帰るわ、

ほなバイバ~イ」と逃げるように全速力で・・・

 

彼女はどんな人生を過ごしてきたのでしょうか・・・?

気になるちゃ~気になるけど、幸せであればそれでいいかな!

 

|
|

« 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」Vol.13 | トップページ | After(WEEKEND FOCUS) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

タイムマシンがあれば戻りたい…

そんな「瞬間」がだれにでもありますね。

ゆず親父さんの、この「瞬間」も

きっとそのようなものなのでしょう。

大人になって、図太くなってしまった

そんな神経では

「ああしていれば…」

「こうしていれば…」と

色々と「やり直し」はききますが

恐らく、いや、きっと、間違いなく

同じ時間を繰り返しても

同じことをしてしまうでしょう。

それが…「人」なのですものね。

最近の学生…

雨が降ると分かっているのに

傘を持たないのが多いです。

そしてずぶ濡れになると、大抵、体調を崩します。

ヤマサキに言わせれば「自己防衛能力の欠如」です。

だからヤマサキは、いつでも塾に

タオルを三枚用意しています。

濡れ鼠になった生徒に貸すためです。

こういうのも「大人的」感覚なのですかね。

投稿: ヤマサキ | 2012年6月22日 (金) 00時07分

ゆず親父さん
甘酸っぱいステキな思い出ですね♪
なんだか読んでいて
こっちが恥ずかしくなってきちゃいました。
 
ヤマサキ先生
雨のずぶ濡れよくやってました
(^^;)
でも水泳部だったので
濡れるのは慣れてるし
常時バスタオル持参ですので
服やスカートが気持ち悪いくらいでした。
 
この歳になっても
傘を持つのは苦手ですね~
置き忘れて帰るのが嫌ってのも
持ち歩かない原因の一つかも。
(小学生の頃、黄色い傘は何本買ったか・・・)
それに、基本移動が車だからかもしれませんね。
一応会社と車の両方に置き傘をして
濡れなくていいようにはしています。
でも、車から玄関までは
昨日のような雨でも
傘はささずにダッシュ!です。
 
今日の広告に
全長22センチ 厚さ2.5センチ
幅6センチ 全9色
折り畳み傘が載ってました。
金額は525円。
高いのか安いのかピンときません。
傘を買った覚えがないです。
スタンドや服屋さんでのプレゼントばかり。
フリルがついてて恥ずかしいので使ってないのは
タンスの肥しになってますよ。
広告の品がシンプルなのだったら
1つ買ってもいいかな。。

投稿: サボテン女 | 2012年6月22日 (金) 15時23分

ジブリ映画を思い出すような、素敵なエピソードですねshine

本当に読んでると恥ずかしくなっちゃいますconfident

投稿: あいる | 2012年6月22日 (金) 16時55分

正直、こっ恥ずかしい思いで書いてましたが、

でもこの時代は、今のしらけた、冷めた世の中、

男女がどちらかわかんないような世の中でなく、

純粋で純情で、好きだの嫌いだの騒いでいた

アツイアツイ世の中でした。

ただ私は単細胞の勘違い屋さんですから、

友達だったのが、急に優しくしてくれたり、

何か態度が変わると、意識してしまう傾向が

あったようで・・・さらには

「〇〇さんがあなたのこと好きらしいよ」なんて

周りで騒ぐと、いつのまにかつきあってる

ような雰囲気が出来てしまい、つきあってないのに

つきあってるようなことに(なんのこっちゃ~)

まあとにかく今となっては笑える恥ずかしい話

いっぱいあります。小中高と好きになった

女の子の名前、みんな言えますよ・・・って変?

そうそう、電話の話。もちろん携帯なんて

あるわけないですから、家の電話で・・・

でも家からかけるのは無理、で近くの公衆電話、

そこで女の子にかけるのですが、これが家の人が

出たらフリーズしてしまいました。お母さんなら

まだしも、お父さんなんかでたりしたら慌てて

切ったものです。そして笑うのは、電話をかける

女の子の友達に、先に「今日〇時頃電話するから

って言っといて」と頼んだり・・・バカですね~、

あれあれ恥ずかしくもなくお喋りがすぎたようで、

・・・また機会があれば続きを・・・

失礼しました。

                      


投稿: ゆず親父 | 2012年6月22日 (金) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」Vol.13 | トップページ | After(WEEKEND FOCUS) »