« 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」Vol.8 | トップページ | After(WEEKEND FOCUS) »

2012年4月19日 (木)

「なんがでっきょんな」!?

典型的な讃岐弁の一つに 「なんがでっきょんな」

そんな言葉があります。その昔、某民放放送局の

アナウンサーであった植松おさみさんが全国ネットの

朝ワイド「ズームイン朝」の中継で、県内のあちこちを

訪ねるコーナーで、取材相手にかける第一声が

「なんがでっきょんな~」・・・でした。

讃岐人とはいえ、ほとんどこんな言い方を聞いた記憶が

なかったので、分かるような、分からないような妙に

新鮮?でインパクトがありました。こんな狭い香川県

でも、西讃、東讃、高松で讃岐弁の違いがあるのは

ご存知かと思いますが、この言葉も地域性、年代による

ものなんでしょうか?

植松さんが訪ねていたのが、農家や商売をやってる

いわゆる「物作り」の人達が多かった(実は、私もこの

番組の取材を受けた会社の従業員で、全国生放送に

チラッと映ったのです)ので、「なんがでっきょんな?」は

標準語的には「何が出来てるのですか?」「何を作って

いるのですか?」となるわけで、ようするに「ツカミ」の挨拶

だったのでしょうかね?・・・関西人が「もうかりまっか~」と

挨拶的に声をかけるのと同じではないでしょうかね・・・

で、今さらなんで・・・?実は先週の農作業中に、チャリンコ

おじさんと軽トラおじさんが道路ですれ違いざまに、大声で

いきなり「なんがでっきょんな~!」と・・・

久しぶりに聞いたものでしたから・・・

結論的には香川の農村部あたりから生まれた「ご挨拶用語」

ではないか?と・・・異論反論正解をお待ちしてます。

|
|

« 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」Vol.8 | トップページ | After(WEEKEND FOCUS) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「なんができょんな」とか

そういう挨拶語は好きですね。

ということを書いていたら

隣で奥さんが

「子供の頃、田圃で仕事している人に

知り合いが『おしまいです』という挨拶を

していたのを聞いたよ。

あれは『お疲れさま』という意味やったと

そう思うんやけど」

と言ってきました。

これはまた、いい言葉ですね。


方言には「命」がありますし

「生活」がありますし

「人間」があります。

ただ情報伝達の手段である

「標準語」とはひと味もふた味も違います。


ヤマサキは、そう思うのです。


投稿: ヤマサキ | 2012年4月19日 (木) 21時53分

『なんがでっきょんな』

友達とかには、かなり使ってます。
(^^;)
やはり 挨拶的?かもしれません。

同じ香川でも知らない方言ありますよね。

高校時代 聞いたのが
『じょんじょ』
塩江出身の子達が言った単語です。
意味わかりますか?



答えはビーチサンダル。

大盛り上がりで、同級生の水泳部員は『じょんじょ』って言うようになりました。
響きがカワイいでしょ♪
(*^_^*)

投稿: サボテン女 | 2012年4月20日 (金) 06時39分

「おしまいです」・・・終了で

「お疲れ様です」となるんでしょうかね?

「~まい」讃岐弁ですよね。

素敵ですよね~「方言は宝」です。

福岡辺りでは「と、と、と~」で通じる

のもすごいですよね!

              

「じょんじょ」

赤い鼻緒のじょじょはいて~♪

ここらと通じてるんでしょうかね?

おもしろいな~、

「方言」をテーマもいいかもです。

                 

投稿: ゆず親父 | 2012年4月20日 (金) 08時34分

普段、話す時も方言丸出しですが「なんがでっきょんな~」は使いませんねぇsmile

でも、満濃に住んでいる祖母は、電話をかけてきた時の第一声がいつも「なんがでっきょんな~」です(笑)

投稿: あいる | 2012年4月20日 (金) 17時05分

サボテン女さんのお友達とか、ナンチャンも自分の

本のタイトルにするくらいですから、年代よりも

やはり地域性の可能性が高いのかな?

満濃方面に高松方面…?

「interest」イナゴ集団、出動せよ!

投稿: ゆず親父 | 2012年4月20日 (金) 18時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」Vol.8 | トップページ | After(WEEKEND FOCUS) »