« 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」Vol.7 | トップページ | After(WEEKEND FOCUS) »

2012年4月12日 (木)

馬の気持ち

A0093189_148216                                     

<iframe width="560" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/mj2F9CHWYSY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

3/18、阪神競馬場の「オルフェーヴル」君の独り言、

「 さて今日も、いっちょ驚きの走りでみんなを驚かせて

やろうかな~・・・今日は3000mか~、かったり~な~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おっ!誰でぇ~、生意気に最初から飛びでやがって~

待ちやがれ!・・・なんだよ~追いついたと思ったら

もう、下がってんのかよ、情けね~野郎だぜ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

よし、ここらで観客を驚かせてやろうかな~、ワリ~いな

池ちゃん(騎手)、ちょいと小休止・・・っと!

お~来た来た来たで~、みんな不思議そうに見てるで~

さあ~ほなら行きまっせ~、池ちゃん鞭や、鞭で演出や!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わあ~しもうた~、チョイと計算間違ったかあ・・・2位か、

まあええわ、でもめっちゃおもろかったやろ~」

                                  

競馬は全く分かりません、賭けたりもしたことありません。

ただ有名馬のレースなどはたまに見ます。

この「オルフェーヴル」という馬は強いそうです。ただ気性は

荒くて変わり馬だそうです。昨日、「調教再審査」とういのが

あったそうで無事合格し、またレースに出れるとか・・・

ニュースで知った上のレースの模様見て、この馬さんは

こんな気持ちで走っていたらオモロイな~と遊んでみました。

競馬ファンの皆様ごめんなさい。

|
|

« 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」Vol.7 | トップページ | After(WEEKEND FOCUS) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「元町」の「ガレ」という喫茶で

バーテンをしていた頃

その店の近くに「ウインズ」があったこともあり

競馬ファンが終末には、大挙押し寄せました。

当然、店にはテレビを置いて

中継をかけていました。

そんな状況だったので、マニアの人から

色んな話を聞かせてもらいました。

「1ハロン」(約200メートル)という単位も

その折りに知りました。

昔の名馬の話から、様々な逸話まで。

自分ではクラシックレースを1000円ぐらい買った程度で

一度も当たったことがないのが自慢?です。

あんなものは、当たらない方が幸せな気がします。

でも…

走っているのは生き物の「馬」です。

これがドラマを産むのですね。

ヤマサキが今までに一番好きだった馬は

「トウメイ」という牝馬です。

これについては、また会合で…


投稿: ヤマサキ | 2012年4月12日 (木) 23時49分

わたしも競馬の事は全く分かりませんが、競走馬の走る姿はとても美しいと思いますshinehorseshine

ゆず親父さんの馬の気持ちの解説、面白いです(笑)good

投稿: あいる | 2012年4月13日 (金) 07時39分

あいるさんと同じく 全くわかりません。
遠目で見る お馬さん
映像で見る お馬さん
確かに美しくも可愛くみえますが!
怖いです( ̄Д ̄;;
 
妹「馬に癒されてくる・・・。」と
一人で県外まで乗馬に行った経験あり。
馬に限らず動物が好きなんでしょうねぇ~

投稿: サボテン女 | 2012年4月13日 (金) 09時59分


「トウメイ」・・・?

気になりますね~楽しみにしてます。

                      
動物と会話出来ればオモシロイとも思いますが、

でもこうやって勝手に色々妄想するのが

楽しいもんでありますし、

通じ合おうとする気持ちが大切なんですよね、

我が家の3匹の愛犬とも近頃は忙しくて

さらに孫が増えたので、中々かまってやって

ない・・・ダメでやんすな~。

                  

投稿: ゆず親父 | 2012年4月13日 (金) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」Vol.7 | トップページ | After(WEEKEND FOCUS) »