« After(WEEKEND FOCUS) | トップページ | 山田演出 »

2012年2月25日 (土)

「いばぼ~聞こえる~」

Img_6428

武田鉄矢と聞いてピンと来るのは?

「母に捧げるバラード」・・・「金八先生」「星野達郎」・・・

それとも「坂本龍馬」ですか?世代によって様々でしょうが・・・

坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD

20日の月曜日に鉄矢さんがゲストに登場、拓郎とは実に

22年ぶりのラジオ対談、鉄矢さんの半生(反省)や拓郎との

思い出話に大爆笑の連続でした。

拓 「鉄矢の歌は俺は認めないが、役者としては尊敬できる」

303_img_1_b

「よくつかってくれたな~」と本人も驚いたほどの起用となった

山田洋次監督の『幸福の黄色いハンカチ』、やはり武田鉄矢、

あの海援隊の・・・?、さらには桃井かおり・・・あの海ちゃん?

どうにも不向きなキャスティングでは?と思った人も多いでしょう。

ところが、このコンビと健さんの絡みが見てるうちにどんどん

面白くなり、引き込まれていき、最後は号泣と感動になって

しまいました。これがキッカケで鉄矢さんは役者の才能を

開花させていったわけですが・・・

その後、全国に知れ渡ることになる金曜8時の「金八先生」、

裏番組が猪木さんの「新日本プロレス」と「太陽にほえろ」・・・

鉄矢さん曰く「断崖絶壁、絶体絶命でのスタートだったドラマ」。

第1Sの15歳の母「浅井雪乃」、第2Sの腐ったミカン「加藤優」

この2シリーズは衝撃的な内容で釘づけになりました。

極めつけは「刑事物語」、鉄矢さん絡みでは私は一番好きな

映画です。内容を書くと長くなりますので・・・ラジオで喋られた

裏話を一つ、主題歌は絶対に吉田拓郎と鉄矢さんは決めていて

必死に頼み込んで作ってもらったのですが、制作スタッフは

イマイチの反応、そこでラストシーン(夕日に向かってヒロインと

鉄矢さんが歩くシーン)に実際に現場でその曲を鉄矢さんは

かけさせたそうです、するとスタッフ全員が固まるほどの衝撃を

受けたそうです。・・・その曲が「唇をかみしめて」です。

                                    

そんなこんな興味深いオモシロ話が盛りだくさんのラジオでしたが、

まだまだご紹介しきれません、また続編で書きたいと思います。

ちなみに「今も」を「いばぼ」と発音すると、みんな武田鉄矢に

なれるとばい!

                                   

                                        

|
|

« After(WEEKEND FOCUS) | トップページ | 山田演出 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

武田鉄矢が徹子の部屋に出たときの話

「吉永小百合さんの後ろを歩いていた時

ブラウスの背中にブラジャーの線が見えたんで

あっ、吉永小百合さんも、ブラジャーをするんだ、と

そのことに感動しましたよ」

というのと

「加藤登紀子さんが楽屋で何かを書いている時

右手で鉛筆をクルクル回していて

それを見て、あっ、東大でている人は

鉛筆の使い方がちがう、と感動した」

というのが思い出に残っています。

彼の感性は、われわれ「ダメ庶民、しかも男」と同一です。

投稿: ヤマサキ | 2012年2月25日 (土) 23時17分

鉄矢さんの下ネタはストレートですよね~

モノマネタレントが「金八さんが言わないようなこと」と

題してお下劣(死語?)台詞を言う、なんてネタがありますが、

鉄矢さん自身は実にあっけらかんと言い放つ、

これが最高です、素敵です。

今回も「少年時代はどんな少年だったんですか?」と

坂さんの質問にも、考えることもなくサラッ~と

「まあ、一言で言えば〇ナニー少年でしたね~」・・・

さすがに全員大爆笑でした。

2時間のライブでも10曲も歌わないミュージシャン、

「武田鉄矢」・・・いいですよね~。

                         

投稿: ゆず親父 | 2012年2月26日 (日) 10時17分

『金八先生』大好きですsign01

全シリーズ見てますshine


『幸福の黄色いハンカチ』もいいですねぇhappy01高倉健さんのお堅いシブい感じもいいし、武田鉄矢さんのおちゃらけた軽い感じ、好きですshineshine

投稿: あいる | 2012年2月26日 (日) 19時16分

金八さんは記事でも書いたように

第1、2シリーズは力を入れて?見てました。

その後も見たり見なかったりでしたが、この2作品以上を

超える作品は・・・

「幸福の・・・」は海外版とか現代リメイク版とか

あったようですが、やはり原版を超えることは

できませんよ!

「刑事物語」、原作は鉄矢自身です。

まさに武田鉄矢らしい映画です。5作品あります。

機会があれば是非見てください。

                        

投稿: ゆず親父 | 2012年2月26日 (日) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« After(WEEKEND FOCUS) | トップページ | 山田演出 »