« 山崎秀雄の「WEEKEND FOCUS」Vol.3 | トップページ | After(WEEKEND FOCUS) »

2012年2月 2日 (木)

ひょっこりひょうたん島

O0486041211601900561

ドン・ガバチョ、トラヒゲ、サンデー先生、博士、ライオン、

ダンディー・・・ウ~ン?あとは思い出せないなあ~

藤村有弘、熊倉一雄、楠トシエ、中山千夏、滝口順平・・・

う~~ん?これ以上は出てこないですね~。

昭和39年に始まったNHKの人形劇「ひょっこりひょうたん島」

述べ1224回放送され、夕方の15分番組でありながら

最高視聴率37.5%を記録、当時の小中学生に絶大の

人気を誇りました。今でもテーマソング、ちゃんと歌えまっせ~

「波をちゃぷちゃぷ・・・♪」

放送が終わってもNHKには再放送を希望する声が多く寄せ

られたのですが、当時はビデオテープが非常に高価だったため

放送が終わると新たな番組を重ね撮りしており、映像はわずか

8話しか残ってないため、2度見ることの出来ない幻の名作に。

放送終了から22年たった1991年にNHKはリメイクを決定。

しかし当時のVTRどころか、台本も4分の1も欠け、ストーリーも

わからない、サブキャラクターや背景セットもわからない・・・。

制作は難航しましたが、そんな時に制作スタッフがある一人の

少年のことを思いだしたのです。放送当時小学5年生だった

「伊藤悟」君。彼は「ひょうたん島」の大ファンでNHKの広報誌に

取材されたほど。彼は当時、台詞や美術セットなど番組すべてを

ある方法で詳細に記録していたのです。それが「伊藤ノート」です。

放送中、とにかく台詞や背景などをスピード勝負で書きまくる。

終了後、2時間以上をかけて清書する。そのノートには台詞、

キャラクター、美術セットやカメラの動きまで全てが詳細に記録

されています。5年間でほぼ全ての回を記録し、ノートの数は

およそ100冊にもおよんだそうです。

伊藤ノートはリメイク版DVDの中に失われていた数々のシーンや

キャラクターを見事によみがえらせたそうです。

伊藤さんは東大に進み、今はNPO法人で働く58歳のおじさんに…

そして「ひょっこりひょうたん島」ファンクラブ会長であります。

あっぱれ~~!

                                           

                    ~日本テレビ「深イイ話」より~

                                        

|
|

« 山崎秀雄の「WEEKEND FOCUS」Vol.3 | トップページ | After(WEEKEND FOCUS) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「ひょっこりひょうたん島」見てました~sign01わたしも、テーマソング、ばっちり歌えますhappy01good

「伊藤ノート」凄すぎますねsign01そんなエピソードがあったなんて知りませんでした~。

投稿: あいる | 2012年2月 2日 (木) 23時23分

「マニア」というのが、「おたく」となり

何となく「奇異な目」で見られるようになってしまいました。

同じように

「オーディオ・ヴィジュアル」の意味だった「AV」が

「アダルト・ビデオ」になってしまい。

ヤマサキが塾で「AVライフ」なんて言葉を発しようなもんなら

上司から「いけません」と叱責されてしまいます。

この「言われなき迫害」を誰に訴えればいいのでしょう。

それとは反対に、昔は青年たちの心をときめかせた

「プレイボーイ誌」の、あのウサギのシルエットのついたTシャツを

女子高生が「可愛い」と着ています。

時代の流れとともに

なんだか「違和感のある世界」になりました。


ヤマサキの大学時代の同級生が「四浪生」で

その人の自慢が「チロリン村とクルミの木」の最終回を

完全に覚えている…という話でした。

ヤマサキたちも知っていますが、克明に、という年代ではありません。

ただ、キャラクターの人形で遊んだ思い出はあります。

でも、その「年配同級生」の話を、嬉しく聞いていた記憶はあります。


この「伊藤君」がいたからこそ、「ひょうたん島」が再生したのでしょう。

今こそ叫ぼうではありませんか!!

(全然、そんな値打ちはありませんが)

「マニア、バンザイ~」と。

投稿: ヤマサキ | 2012年2月 2日 (木) 23時46分

この伊藤ノートにはホンマ驚かされましたね~。

カメラアングルも・・・さらにはスタッフの名前(一番

大変だったそうです)まで・・・

マニアofマニアですね~。拍手です。

まあ、これには足元にも及びませんが、実は私も

中学の時に、始って間もない深夜放送ラジオ

「オールナイトニッポン」の番組内容を書きとめていました。

1週間分をまとめてちょっとした手作り雑誌的にまとめて

その時聞いていた男女7、8人のリスナー仲間に

見せて喜んでいました。まあ長続きはしませんでした、

おそらく「ラジカセ」が普及しだしたからでしょうか・・・?


投稿: ゆず親父 | 2012年2月 3日 (金) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山崎秀雄の「WEEKEND FOCUS」Vol.3 | トップページ | After(WEEKEND FOCUS) »