« 「三丁目の情景」 | トップページ | 山崎秀雄の「WEEKEND FOCUS」Vol.3 »

2012年1月31日 (火)

大人の超合金

Header

大人の超合金」 【 夢の超特急 新幹線0系 】

バタクリ世代にとっての新幹線といえば、この「0系」の

形を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

「ALWAYS三丁目の夕日 ’64」にも登場しました。

1964年に東海道新幹線開業時に開発された初代の

新幹線であります。開業時は東京~大阪間を4時間で

…といわれても、その頃は自分には未知の領域でしたから

「速いのかどうか」は謎だったことでしょう。

今では東京~大阪間2時間半を切っていけますが、その

今の速さの感覚がその時代も同じようにあったのでしょうね。

1970年の大阪万博の山陽新幹線開業後、岡山~大阪間

に初めて乗ったのでしょうが、これが初乗車の記憶がない・・・

ただ乗ってみて「速い」を体感したのは覚えていますね。

さてその「0系」ですが、映画のパンフの最後に掲載されて

いたので、早速詳しい事を検索してみましたバンダイ!

「大人の超合金」、他には今注目の「はやぶさ」や「スペース

シャトル・エンデバー」、さらには「アポロ11号」と、どれも

興奮させられる物ばかり・・・ただ・・・その金額にも興奮?!

2万、4万、5万、この「0系」は7万8750円・・・やっぱ超合金、

もちろんそれだけのクオリティーの高さはあるようですが、

少子化高齢化社会、ディアゴさんもそうですが、関係各位は

「大人」をターゲットに心を擽る商品を次から次へと発売・・・

でもやっぱ高いですわ~。金持ちの親父ばかりじゃないですよ、

結局は子供の時と同じように、指をくわえて「ええな~~」と

眺めるだけですね。

                                   

|
|

« 「三丁目の情景」 | トップページ | 山崎秀雄の「WEEKEND FOCUS」Vol.3 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

1970年の大阪万博、家族(父母と妹と私)とじいちゃん&ばあちゃんの6人で、初めて新幹線に乗って、未知の世界・大阪へ行きました。真夏の万博会場、アメリカ館の「月の石」を見るために、3〜4時間も炎天下で並び、ちっちゃな石を見たことを憶えています。その一ヶ月後、父親は急逝しました。(万博が原因ではないですよ。過重労働による脳溢血です・・・)なんだか、うれしいんだか悲しいんだかわからない思い出です。でも、家族で一番遠くまで行った、記念すべき旅行でした。

超合金の0系新幹線、確かにそそりますね。でも、金額を見ると、いわゆる「オトナ買い」でも、相当「よいしょ」がいる金額です。

野菜の値段を見ずに、そしてガソリンの値段に気をとめない人もいるのですから、なんだか羨ましい限りです。

投稿: ウルシバラ | 2012年1月31日 (火) 22時21分


「食玩」の大人買いでさえも「きついな~」

ですし、ディアゴ系もまあいわゆる分割払いでは

あるものの、そうそう2種類(経験あり)3種類

同時買いは、これまた「キツイ」ものがあります。

だけど、ガラクタと言われようが、理解不能と

バカにされようが、欲しい物は欲しいですよね、

いやあ~男って死ぬまでバカなんでしょうね。

新幹線「0系」はやっぱりチャンピオンです。

この形こそ新幹線ですよね!

                  

投稿: ゆず親父 | 2012年1月31日 (火) 23時12分

でもまあ、いいように考えれば

「大人買い」は嬉しいですが「夢」はありませんね。

(自分でもしながら…ですが)

子供の頃、お言葉のように「指くわえ」児童であった自分たち

それが大人になっても同じように

「指くわえ」大人でありえる、その嬉しさ、ですよ。

「何でも買えてしまう=幸せ」 ではなく

「それでも買えないものがある=夢」 だと思うのです。

話は変わりますが

生徒の家にある「100インチのテレビ」について情報を集めると

なんと

「設置できるかどうかの、本社検査」が約20万円

「本社から製品を運んで、設置する」が約200万円

「本体」が約600万円

だそうです。

合計、さっと「820万円」です。

こんなもの「指くわえ」もできなくて、「口あんぐり」状態です。


それを買ってくれる親

見て「先生、大きすぎて見にくい」とぼやく子供

「貧富の差」は、とてつもなく大きいデスよぉ~

投稿: ヤマサキ | 2012年2月 1日 (水) 00時01分

「100インチのテレビ」話。

自分には「魅力ない」というか、必要ない・・・いや

家に置いても、それに見合う部屋がない、ですね。

それにしても本体だけの値段じゃないんだあ~

検査・設置に220万・・・驚き桃の木ファンキーモンキーベイビー!

                                
「大人買い」は「嬉しさ」はあっても、「夢」を壊してる

なるほど、よくわかりますね~その感覚。

単品で買って、中味は「あれだったらいいのに」

2個買って同じ物だったり、その時の「ドキドキ感」と

「全部買えば揃う」とまとめ買いにお金を使う、

その違う意味のドキドキ感・・・

やっぱり違いますね~・・・わかるな~

投稿: ゆず親父 | 2012年2月 1日 (水) 09時08分

好きなものを集めてる時のドキドキ感heart02たまりませんねぇconfident


少し前までピクサーシリーズのチョコエッグを集めてましたが、何が出るか分からないので、ドキドキ感とかぶりはじめると、どんどん増えてきて、母親には呆れられてますが、やめられません(>_<)

投稿: あいる | 2012年2月 1日 (水) 12時44分

ある人から見れば「しょ〜もない」ガラクタでも、

ある人からは、とてつもなく「うまらやしい〜」お宝、

なのです。まあ笑って呆れかえってくれるうちなら

まだ大丈夫かな?と勝手に思ってます。

投稿: ゆず親父 | 2012年2月 1日 (水) 19時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「三丁目の情景」 | トップページ | 山崎秀雄の「WEEKEND FOCUS」Vol.3 »