« 本物志向 | トップページ | 山崎秀雄の「WEEKEND FOCUS」Vol.2 »

2012年1月17日 (火)

1995.1.17 AM5:46

Img_6240

   (この時計も落下して17年が経ちました)

いろいろなメモリアルデーがありますが、

「辛く悲しい日」は当事者の方々は思い出したくもない

日であることでしょう。

そして去年は17年前よりもさらに大きな自然災害に

襲われ、多くの方々が辛い思いをされました。

今年17歳になる神戸の高校生たちが、自分たちが

生まれた年の震災の時に、東北の人達からもたくさんの

支援を受けたことを親たちから聞いて、自分たちで

何か恩返しをとボランティアなど計画して東北への支援を

しているそうです。復興への手掛かりと励ましになればと、

東北から神戸への震災関連のツアーもあるそうです。

庶民レベルでは助け合い、励まし合い頑張って生きようと

しています。 ・・・でもこの国を動かす・・・は相変わらず・・・

阪神淡路大震災での孤独死、自殺もまだ続いています。

私たちも決して忘れてはいけませんね。

                            

|
|

« 本物志向 | トップページ | 山崎秀雄の「WEEKEND FOCUS」Vol.2 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「その時計が落ちてから17年」ですか…


ヤマサキの宝塚の親戚が一家全滅して

17年ということになりますね。


考えればヤマサキたちが生まれたのは

第二次世界大戦が済んでから

10年とちょっとの頃です。

今の「阪神淡路」よりは近いところに「戦争」がありました。

でも日本人は元気でした。

Xmasには三角帽子を被って

道路で飲んだくれていました。

レジャーだとか、マイカーだとか

そんな浮かれた日本を見てきました。

忘れるんですよね。

でも忘れるからこそ、生きていけるんですね。

でも忘れてはいけないんですね。

でも…忘れるんですね。

難しいということを感じます。

でも、考え続けなければいけないんですよね。


なんてことを考えた

今日でした。

投稿: ヤマサキ | 2012年1月18日 (水) 00時12分

17年…そんなになるんですね。
忘れてるけど、忘れてはいけない…矛盾してるけど矛盾ではないですよね…

投稿: サボテン女 | 2012年1月18日 (水) 12時19分

もう17年も経つんですね…。


9才離れたイトコが 神戸の大学に行ってて、震災の後、連絡が取れずに、「無事だよ」っていう連絡が来るまで怖くてずっと泣いていたのを覚えています。

本当に忘れてはいけません…。

投稿: あいる | 2012年1月18日 (水) 12時39分


「忘れるからこそ、生きていける」

まさに仰る通りです。 そして

「忘れてはいけないけど、忘れる」

正直な気持ちですよね・・・

戦争の体験談や資料映像は聞いたり、見たりで

怖さを哀れさ、醜さは感じれましたが・・・

でも実際は想像以上なのでしょうね。

阪神淡路の震災、震度4でガタガタときただけで

慌てて飛び起きました。

出勤してから職場のテレビはつけっぱなしで

その被害の大きさにただただ驚くばかりでした。

震度6、7で15~20秒揺れていたなら

自分の周りはどうなっていたんだろう・・・?

                   
やはり「明日は我が身」、せめて年に何度かは

忘れず自分に言い聞かせましょう!

                  

投稿: ゆず親父 | 2012年1月18日 (水) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本物志向 | トップページ | 山崎秀雄の「WEEKEND FOCUS」Vol.2 »