« 「マスクマン」 | トップページ | 山崎秀雄の「WEEKEND FOCUS」Vol.23 »

2011年11月29日 (火)

ネット予約

今さらながらですが、「ネット時代」を実感するお話。

メール、買物、チケット予約、ニュース、各種情報・・・

今やパソコンだけでなく携帯電話から同じように

なんでも簡単に、ほとんど何処にいてても利用できる。

本当に便利になったものです。

長女の9月に生まれた娘、プリンセスのかかりつけに

した病院。高松市の東部に今年開業したばかりの

小児科、大学病院から自立したまだ若い先生らしいの

ですが、その頃から評判の良い先生だったそうです。

この病院が「WEB予約」制度をやってるそうで、初診の

際に色々と手続きをして、再診からはネットで予約を入れ

診察をしてもらうとか・・・もちろん診察できる人数は大体

決まってるので、午前の部と午後の部と分けての先着順

だそうです。先日も「午前は無理ですから、昼〇〇時に

再度予約入れてくれれば何とか今日中には診察できると

思います」、これはまだラッキーな方です。この間なんかは

朝8時過ぎに予約を入れても「今日は予約でいっぱいです」

・・・これもまた口コミだけでなく、「ネットの口コミ」もある

ようで大人気(病院が人気もおかしな話ですが)らしいです。

「腕前」だけではなく、赤ちゃんなどへの待合室の配慮、

大体の診察時間が分かるので病院で長く待つこともなく、

診察後のフォローもしっかりしてくれるそうです。

少子化で産婦人科も小児科も減る一方、「子供を産め!」と

言っても、ちゃんとした体制を整えられないのでは・・・

新米お父さん、お母さん、頑張って下さい。

                                  

|
|

« 「マスクマン」 | トップページ | 山崎秀雄の「WEEKEND FOCUS」Vol.23 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

11号線沿いの、たしかにいつも駐車場がいっぱいですね。
ちなみに私の娘のかかりつけの小児科も生まれる半年ほど前に開院した新しいところです。
近所にかかりつけがあるのは助かりますね。
といってもお世話になるのは予防接種と健診ぐらいであってほしいのが親ゴコロcatface

投稿: キキ | 2011年11月29日 (火) 22時35分

最近は小学生でも、ちょっと体調を崩すと

「点滴打ってから授業に来た」といいます。

ヤマサキは点滴なるものを経験したのは

50才を過ぎてからです。

それなのにごく普通の顔をして

小学生の「点滴談義」を聞かされると

「なんだかなぁ~」と思います。

昔ならちょっとの傷ぐらいは

「唾をつけて治す」

微熱ぐらいは

「根性で治す」

突き指なんども

「引っ張ったら治る」…とまあ

本当は間違っていたかもしれませんが

それで大事には至りませんでした。


過保護なのか、手厚い手当なのか

どちらかわかりませんが

これからの世の中を生き抜くには

もっと雑草みたいな根性が必要なのは事実…


「三丁目の夕日」世代は

貧しく、汚く、堪え忍ぶ…

そんな連中ばかりでしたねぇ。

投稿: ヤマサキ | 2011年11月30日 (水) 00時13分

『WEB予約』ですか~sign01なんか時代を感じますね。

わたしも本当に病院に行かないほうなので、そういうの全然知りませんでした…sweat02

すでについて行けてませんが、今からどんどん増えていくんでしょうね(焦)

投稿: あいる | 2011年11月30日 (水) 08時39分

子供の頃は「点滴」なんて、テレビドラマや

映画などの1シーンで見るような「大病」や

「大ケガ」の時にしか使わないようなものと

思ってましたが・・・ほんまビックリですわ、  

電化製品を叩いたり、振ったりしたら

「直るんとちゃうかあ~」、

ケガしても「ほっといたら治るわ~、

人間の身体ってそんなもんやで」

そんな時代ではもうないようでして・・・

今の小児科は驚くような軽~イ症状でも

慌ててくる親もいてるそうです。

ただ「いざ」という時のために「かかりつけ」は

あったほうがいいようですね。

「悪魔」いや「タクマ先生」のような・・・

                  

                

投稿: ゆず親父 | 2011年11月30日 (水) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「マスクマン」 | トップページ | 山崎秀雄の「WEEKEND FOCUS」Vol.23 »