« 完敗です。 | トップページ | 田舎の夏祭り »

2011年8月15日 (月)

無念・・・

8月15日、終戦記念日です。

8月6日、広島に原爆が投下された日にNHKでの特番

「原爆投下 活(い)かされなかった極秘情報」を見た。

内容は、原爆投下に向けた米軍の不穏な動きを、無線傍受で

事前に日本軍は察知していた、という事実が明らかにされた。

8月6日、コールサインを傍受した軍は、特殊部隊が広島に

迫っていることを察知、しかし空襲警報さえ出されないまま、

全くの無防備の広島市街地の頭上で炸裂。その瞬間、軍の

仕事を防空壕の中でしていて助かった女性は涙ながらに言う。

「空襲警報が出ていれば、多くの人は助かっていたはず・・・」

3日後の長崎、軍は再び同じコールサインを傍受「第2の原爆」

と確信し、上層部にも伝えられたが、長崎の悲劇も防げなかった。

長崎からほど近い基地に待機していた「紫電改」のパイロット

は言う。「5時間も前に分かっていたら、B29は体当たりしてでも

撃墜できた。何十万もの命を守れなかったのは軍人として

本当に悔しい」と涙をながした・・・。

敗戦決定後、その記録を証拠隠滅の為に焼却処分した関係者の

証言も番組では報道されていた。

                                          

あれから66年、「福島原発事故」、国の事故の内容の発表が 

次から次へと変わって行く・・・

                                 

この国は大丈夫なのでしょうか?

                                  

|
|

« 完敗です。 | トップページ | 田舎の夏祭り »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

戦争は一部の人が

国民全員の命を道具にする

最も危険な遊びです。


元をたどれば

戦争自体も避けられたのでしょう。

外国の事情に明るかった人の意見は

「アメリカに勝てるわけはない」でしたから。

東条さんに間違った情報を与えた軍人

それを鵜呑みにしてしまった東条さん

そしてそれを止められなかった天皇…

だれが悪いにしても

我々の先祖が迷惑を被ったのです。

今の東北でもそうです。


国は本気で国民のことなんか考えていないし

国民も口では「救おう東北」なんていいながら

今回の「送り火問題」みたいなことを平気で行う。


結局は自分のことしか考えられない人間が

一億二千万人いるのでしょう。


一部の人はそうではないと信じています。


でも自分はどうか?と自問してみると

返事は「…」です。

この国の明日が決して明るくないのは事実です。

でもみんな、必死なんですよ

普通に生きるために

何も何億もの儲けを目論んでいるのではありません。

普通に生きることだけで

こんなに必死なんですよ。

ですからこんな国民の命や生活を使って

「良からぬ考え」を巡らすのは止めて下さい。


庶民の底辺からのお願いです。


投稿: ヤマサキ | 2011年8月15日 (月) 23時08分

昔、「原爆」の特番 を見た事がありますが、こんなにヒドい事がこの日本に起こったんだと…本当にショックでした。

今、原発事故に対する政府の対応は、本当に不安を与えるだけです。
日本の将来が心配…weep

投稿: あいる | 2011年8月16日 (火) 08時29分

我々を含め「戦争を知らない子供たち」でも

戦争が「幸福」をもたらすなんて

誰もが思ってません・・・

勝とうが負けようが多くの「人の命」が

何の罪もない人が、お年寄りだろうと、

生まれたばかりの赤ちゃんだろうが無差別に

簡単に一瞬に「命」を奪われます。

そして庶民の底辺の若い将来有望な青年から

「お国の為に立派に死んでこい!」と

強制される・・・そんなバカげた話ありますか?

今も世界のどこかで紛争は続いています。

「世界が平和になりますように」と

願うことしかできませんね・・・・

                
今回の番組で「福島原発事故報道」と

ダブらせた視聴者は多かったようです。

国は助けてくれませんよ、恐いですよ、

庶民、底辺、仲間、そして家族で

しっかりとスクラムを組んでおきましょうね!

                    

投稿: ゆず親父 | 2011年8月16日 (火) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 完敗です。 | トップページ | 田舎の夏祭り »