« 無念・・・ | トップページ | 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」Vol.17 »

2011年8月16日 (火)

田舎の夏祭り

201108142033001

14日日曜日、同じさぬき市「みろく納涼夏まつり」へ・・・

あのヒットエンドラ~ンの鳥居みゆきと、モノマネ芸人の

ホリが・・・このみろくの祭りにはそこそこの有名人が

やってきます。鳥居は「変わり者」の芸風ですが、彼女の

ピンネタはよく出来てると思います。笑いのセンスは

あると私は評価しています。ホリはもうテレビで有名人に

なりましたから、ちゃんと「ツボ」は押さえていますし、

それでも営業慣れといいますか、こういう場所での

「笑わせ方」を熟知しています。客の反応でアドリブで

ネタを変えたり「さすが」さを感じました。

前座の前座の前座で、70年代~80年代の洋楽ディスコ

メドレーを歌って踊るグループが(名前は知らない)・・・

正直歌は上手いとは言えませんが(スイマセン)、これが

なかなか良かったですよ、この世代の人達はやはり自然と

体が動き、ええ加減な英語歌詞で一緒に歌ってました。

(その中の1人でした・・・)

花火も高松よりも間近の真下あたりで堪能できました。

夏の田舎の祭り・・・いいもんですよ。

                                    

|
|

« 無念・・・ | トップページ | 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」Vol.17 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「夏祭り」いいですねぇ

あの雰囲気が大好きですついついテンション上がってup普段買わない物も買っちゃったりしてsmile

花火を見終わるとなんか寂しくなりますが、やっぱりいいですねsign01

投稿: あいる | 2011年8月16日 (火) 22時01分

丸亀は次の土日、バサラです。

前にも書きましたが

何となく作為的に作られた祭りみたいで…

ヤマサキの持論では

祭りの根底には「宗教」とか「神」「仏」がいるものです。

鎮魂であったり、願いであったり…

人間の力の及ばないものに対して

人が必死になって働きかけるもの

これが「祭り」なのです。

しかしながらバサラにはそれがないのです。

ただ「騒げばいい」のでは暴走族と同じです。

でも…違うでしょ?


田舎の祭りには、祭りらしいニオイがあります。


それがいいのです。


花火は送り火と同じです。


東の方の夏祭り…未見ですが

ゆず親父さんの写真と文章で疑似体験できましたよ。

ありがとさ~ん。

(はい、皆さんご一緒に)

投稿: ヤマサキ | 2011年8月16日 (火) 23時34分

「夏まつり」毎度の昔話になりますが、

近所の小さな神社に夕暮れ頃から近所の人が歩いて

ゾロゾロ集まり、子供たちはハシャギまわり、

カラオケなんてない時代でも、小さなステージに

「のど自慢」クラスのバンドが来て、老若男女が

歌ったり、演芸大会、少し離れた場所では

ミニプチ花火大会を子供たちだけで開催・・・

ステテコ・ランニング親父がイカ焼きとビールで

将棋、美味しい匂いが充満して団扇の花が咲く

・・・こんな夏祭りの光景はもう見れません。

でも心の中ではいつまでも思いは持ち続けたいと

思いますね。

                       

投稿: ゆず親父 | 2011年8月17日 (水) 08時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 無念・・・ | トップページ | 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」Vol.17 »