« いくつになっても・・・ | トップページ | 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」Vol.6 »

2011年3月 8日 (火)

「SOS」

熊本で3歳の女の子が大バカな男の手によって、一瞬に

命を奪われました・・・心が痛みます。

と同時に何故一人でトイレにいかせたんだろう?と・・・

3歳といえばウチの「若」とそんなに変わらないくらい、

家の中でも目を離せないほどなのに、勝手知ってる

場所で、「まさか」の油断もあったのでしょうね~・・・

防げたと思える事件で悔やまれます。

Img_5019

最近、あちらこちらに「こども」を対象にした「SOS」や

「安全パトロール」などのステッカーを貼った車やお店を

多く見ませんか?我が社の営業者も貼ってますが・・・

企業の社会的責任、地域への社会貢献の運動らしい

のですが、救出マニュアルもちゃんとあります・・・が?

こんなものを貼らなければならない時代なのでしょうね~

子供たちがトラブルに巻き込まれそうになった時、

いざという時に駆け込める場所として車両を提供する。

これが基本的な目的のようですが・・・ ・・・ ?

「おじさん助けて下さい、変な人がついてくるんです」と

血相変えて助けを求めてきたら、悩むことなく助けるでしょう、

すぐ近くで子供に異変が起こっていたら気にかけるでしょう、

でも今は子供に声をかけると「変」に思われ、子供はいざと

いう時、周りの大人の誰にでも声をかけれない・・・

我が子にでさえ暴力、虐待を振う親まで増えてます。

そんな「冷たい、恐い世の中」になっていってるのでしょうね、

そうなるとステッカー貼ってるから「安心」とは子供も思わない

でしょうに・・・

もうこの国でも、子供たちだけで外でワイワイと遊ぶ姿は

見れなくなるのでしょうね~。

|
|

« いくつになっても・・・ | トップページ | 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」Vol.6 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

残念な国に、日本は成り下がってしまいました。

どうしてなんでしょうね。

世界一安全な国であったはずですし

近所のオヤジは近所の子供らを

叱ることも守ることもできたはずです。

いつの間にこんなことに…

「心の荒廃」なのでしょうか。

「金と心を両替してしまった」のでしょうか。

「子供たちが携帯を持ち」

「子供たちがゲームを持ち」

その代わりに

「信頼できる大人」を失ったのでしょう。

我々になにができるか?

本気でみんなが考えなければならない時に

日本は来ています。

投稿: ヤマサキ | 2011年3月 8日 (火) 22時20分

子供が犠牲になってしまうニュース、本当に胸が痛いですweep
ツラいですweep犯人許せませんangry

ゆず親父さんの仰ったとおり防ぐことができたんではないかと思うと余計に悔しいですねweep


私の家の近所でも、不審者がよく出るようで、警察が見回りしている姿を見かける事もありますが、そういう光景を目にすると本当に恐い世の中になってしまったんだなぁと悲しいですweep

大人が守ってあげないとダメなんだなぁと改めて思いましたweep自由に外で遊べない時代になってしまったのは、やっぱり残念でなりませんweep


投稿: あいる | 2011年3月 8日 (火) 23時30分

このブログのテーマ「古き良き昭和の時代」…

もうそんな時代は戻ってこない、戻れないんですね

信頼、絆、そんな言葉もなくなるのでしょうかね?

「金と心を両替…」何かグサッときます、

暇つぶしに一人で量販店をブラブラしてると

怪しまれるんでしょうね、

学校帰りの小学生が車道にまで出て、はしゃいでるのを

車を止めて注意なんかしようものなら

誘拐犯に思われるのでしょうね…

頼りない政治家!日本はどんどん腐ってますよ〜。

投稿: ゆず親父 | 2011年3月 9日 (水) 08時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いくつになっても・・・ | トップページ | 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」Vol.6 »