« 山崎秀雄の「WEEKEND FOCUS」VOL.6 | トップページ | After(WEEKEND FOCUS) »

2011年3月31日 (木)

チェルノブイリの教訓は?

東電の社長が入院したそうな・・・「ふざけるなannoy」です。

現場では命がけで懸命に作業をしている多くの関係者が

いてるのです。この方々、そしてその家族の方々、福島

ならびに近県の住民に対して、あなたが率先して命がけで

対応しなければならない責任者なのではないのか!

さらには最高責任者の東電会長が今頃ノコノコと会見、

「ごめんなさい」「ほぼ一定の安定を保ってる」・・・???

あちこちで「まだまだ危険な状況に変わりない」と言われてる

中、よくも軽々しく言えたものです。

25年前、旧ソ連の「チェルノブイリ原発事故」、

廃墟と化したこの地区にも、今でも許可なく入ることは出来ず、

そして未だに4000人近くの方が24時間体制で事後作業、

監視されているそうです。全ての終息には100年近くかかる

そうで、年間100億円の費用がかかるとのことです。

チェルノブイリの原発関係者は、自分たちの事故の教訓が

活かされてないことを嘆いておりました。さらに「想定外の津波」

論争(2009年)にも東電は耳を傾けなかったとか・・・

嘘偽りのない正しい情報、正しい判断、作業員の安全確保、

地域への補償・・・原発問題が終息の方向に向かわない限り

震災からの復興の道は進みません。

原発の事、国民がもっと知りましょう、これからさらに依存して

いいものでしょうか?みんなで考えましょう。

|
|

« 山崎秀雄の「WEEKEND FOCUS」VOL.6 | トップページ | After(WEEKEND FOCUS) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

原発が連呼していた[安全」は

やはり「神話」に過ぎなかったのですよ。

全ては「壊れるわけがない」という

根拠の無い自信が、今明らかになったのです。

「想定外の津波」

「起こるとは考えたことも無い停電」

そして、汚染物質があふれると

「どのようにしたら除去できるのか考察中」ですと…

「万が一」に備えるということは

「可能性ゼロ」にも心を及ばせるということです。


「高濃度汚染水で近づけない」


そしてあげくの果ては、外国からロボットを借りるらしいです。


日本は世界一のロボット大国だったはずです。


階段を上ったり、よさこいを踊らせる必要はないんです。

バイオリンも弾かなくて良いし

自転車に乗る必要もないです。

人が行けない危険なところで、危険な作業をする

これをどうして研究しなかったのか?

「原発神話」だけでなく「日本神話」も消えました。


正体を露わにした現在、だれがこれを救ってくれるのか?

政治も科学も無力です。

でも、政治や科学が、今こそ努力すべきなんです。


一日も早く、東北に日常が戻ることを祈ります。

投稿: ヤマサキ | 2011年3月31日 (木) 23時28分

まさか・・・・・

16年前に「危険な話/広瀬隆」を読んだ時、あまりの内容の怖さに、毎日、涙があふれてしまいましたが。。。

その広瀬隆さんが、新刊を出したのが、昨年の11月。

その内容が、まさに、この巨大地震が起こった時のシミレーションが巻頭に書かれてあり、とうとう本当に起きてしまったと驚愕してます。

そして、東電の会長の記者会見。

全く、他人事です。

現時点でも、原発近くで、命を懸けて作業にあたってる人が居るのに。。。

こんな人達が原発を管理してたと思うと、ただただ恐ろしくなってしまいました。

投稿: たつや | 2011年4月 1日 (金) 01時18分

今さら出てきて、他人事のように全く責任感のない会長の会見…。
命を懸けて作業してくださっている人達に失礼ですannoy(涙)情けないですね。


日本はいったい今まで何をしてきたのでしょうか…

投稿: あいる | 2011年4月 1日 (金) 03時25分


あまりにも原発は「安心」に、いや当たり前に

「大丈夫だろ」と関心ががなかった我々も反省です。

全国の原発が、自治体が血相変えて「安全点検」に

事故想定のシュミレーションにバタバタしてます。

愛媛、伊方原発もそうですが、この中枢本部が

遠く離れた高松にあるそうです。

トラブル発生時に一番大切な部分ではないの?

自分たちの身の安全の為なんでしょうかね?

本当に怖い話です。

「ロボット借りる?」この言葉に「?」でしたね、

そしてガッカリでした・・・

数億円をかけた作業用ロボットもあるようですが、

現場経験なしで期待薄。

「政治」だけでなく日本の頭脳も落ちぶれて

いくのでしょうか・・・残念です。

                       
庶民レベルは頑張って立ちあがろうとしてます。

とにかくしっかり後押しして下さい。お願いします。

                    

投稿: ゆず親父 | 2011年4月 1日 (金) 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山崎秀雄の「WEEKEND FOCUS」VOL.6 | トップページ | After(WEEKEND FOCUS) »