« 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」Vol.7 | トップページ | After(WEEKEND FOCUS) »

2011年3月17日 (木)

今、思うこと・・・

10数年前、知り合いの女性が介護の仕事をしたいと

数ヶ月ほど研修に行った時の話。そこで毎日コツコツと

リハビリを続けるお爺さんに「頑張りましょう!」と

彼女も毎日励ましの意味で声をかけていました、そんな

ある日少し弱音を吐いたお爺さんに、「あれ、お爺ちゃん

どうしました?もう少し頑張りましょう!」・・・すると

お爺さんは「これ以上どう頑張ればええんや!」と

彼女に強い口調で訴えたそうです・・・彼女は何も言えず

思い悩んだそうです。そんな時にベテランの介護士さんが

「あなたがお爺ちゃんの位置までになり、共に頑張ろうという

気持ちがないと、介護の仕事は出来ません。」と教えられた

そうです。・・・そんな話をしてくれました。

今、テレビやラジオ、新聞などを通じて被災者の方々に

「頑張って!」エールが送られてます。私自身も同じように

使っています。・・・その言葉しかみつかりません。

ただ「祈り」や「願い」を込めての「頑張ってください!」

そんな気持ちを込めて言ってるつもりではありますが・・・

言うのは簡単、無力な自分が見えたりもします。

C159d0920ea00ed47fdb9110_l

「アゲイン2」

東北地方に「勇気の花」が再び咲き始めることを祈りつつ・・・

<iframe title="YouTube video player" width="480" height="390" src="http://www.youtube.com/embed/P2cX0ZvlXHw?rel=0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

|
|

« 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」Vol.7 | トップページ | After(WEEKEND FOCUS) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「僕達が将来、必ず良くしますから心配しないでください」そう言って、弱気になっている年配の方々を励ましている若者達を見て、とても誇らしく思いました!

まだまだ、大変な事だらけですが、きっと大丈夫!そう思わせてくれましたweep


本当に、「頑張れ!」と言うのは簡単で申し訳ないですが、私達は心から、支え合って、助け合って頑張ってほしいと願うばかりなんですよねweep

投稿: あいる | 2011年3月17日 (木) 22時45分

私たちにできること…

それはもしかしたら「元気づける」だけかも

言葉やメールで「頑張って」と言っても

灯油一缶、毛布一枚送ることはできません。

本当に無力を感じますが

それでも「頑張れ」と言い続けましょう。

それは我々自身に向けた言葉かも知れません。

それは明日に向けた言葉かも知れません。

でも、黙ってはいられない自分たちがいます。

このことをどう活かせばいいのか?

私たちの意識を変えるのか?

政治の体制を変えるのか?

答えは分かりません。

原発は恐いけれど、停電も困ります。

それが本音なんです。

原発を使わないという事は

同時に電気を使わないという事になるのです。

ああ、難しいですね。

でも、悩んで悩んで、悩み続ける義務が

我々にはあるのです。

無念にも亡くなった方々の命の重さを

じっと感じながら…

投稿: ヤマサキ | 2011年3月17日 (木) 23時13分

震災後もこちらでは普通に、いつものように

生活できています。3食食べられ、寒ければ

暖をとることができます。

仕事場でも冗談や笑いも、いつも通りです。

そんな中でもふと「これでいいのかな?」と

自分に問いかける瞬間があります。

もし今ここで大地震が起きたら・・・

そう思う瞬間があります。

やっぱり色々考えさせられます・・・

「悩んで悩んで、悩み続ける義務」

そんな心境、まさにそのとおりですね、

投稿: ゆず親父 | 2011年3月18日 (金) 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」Vol.7 | トップページ | After(WEEKEND FOCUS) »