« 最終章・・・か? | トップページ | 山崎秀雄の「WEEKEND FOCUS」VOL.5 »

2011年3月22日 (火)

今、思うこと・・・

ガソリン代がまた値上げしていってます・・・が

制限なしで入れられます。スーパーに行くと「防災関連」

物のコーナーが出来ていたり、一部品薄商品があったり

しますが、いつもと同じように山積みされています。

こちらは何一つ被害もなく影響もほとんどない状態ですが、

普通でいいと思いながら、いや普通に生活してはいますが、

何か心が少し重たいような、ハッと自問自答したり・・・

「ここの電気消しとかなきゃ・・・」

「食べ残ししちゃいけない、食べれる量だけ・・・」

東北方面に気持ちは向けてるつもりです。

一連の「節電」や「買占め」の報道を見ていて思うのですが、

編集の仕方にもよるのでしょうが、どちらかというと若者の

方が理解し、協力的なのには少し驚きました。以前にも

書きましたが、駅で行列に並ぶ若い男性、「僕たちは並ぶだけ

で苦にならない、東北の人たちと比べるとなんてことない」と

キッパリ、ギャル風の二人の女の子も買物で、品薄状態の物は

出来るだけ買い控えしたり「別に私たちは他のものでも大丈夫

だから」と笑顔で・・・その反面、都内の新規ショッピングモールが

開店を延期をしたが、延期を知らないお客がチラホラやってくる、

従業員は「停電の影響も考え」と説明して、頭を下げている。

そんな中、我々より少し上の世代のオバちゃんは取材インタビュー

に、「せっかく、遠くからわざわざ出て来たのに~」だって・・・

とあるスーパーでは乾電池やトイレットペーパー、牛乳やパンなど

大量にカートに入れてるオバちゃん、「どこかに送られるんですか?」

「いやいや、品物がなくなるらしいから買いだめしてるんです」と

堂々と・・・こんな感覚の大人もいるのです。

95412363717950m6d_2

「明日に架ける橋」

東北地方に今必要な物は、「明日に架ける橋 」。明日は

明るい日と書きます・・・

<iframe title="YouTube video player" width="640" height="390" src="http://www.youtube.com/embed/XStHAJkSC0E?rel=0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

|
|

« 最終章・・・か? | トップページ | 山崎秀雄の「WEEKEND FOCUS」VOL.5 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

東京の大学から帰省してきた女の子と

昨日会いました。

街中で帰れなくなった時

「青山学院体育館へどうぞ」という紙がくばられたそう。

そして携帯で撮った写真を見せてくれたのですが

見ると

「パスタの棚が空っぽ」(ラーメンどころか乾麺のスパゲティまで)

「砂糖と塩の棚が空っぽ」

「小麦粉と醤油の棚が空っぽ」

「タマゴもミルクも勿論無い」

「プリンやゼリーもあるわけ無い」

というのに驚きました。

東京の人間は数が多いですから

「馬鹿の総数」も多いのでしょうね。

「馬鹿」の共通点は「品性」が無いことです。

腹立たしいよりも、悲しいですねぇ。


少なくとも我々は「品性」を保ちましょう。


しかし…年配のおばさんの中に

その手の馬鹿者が多いのが目立ちます。

今の若い女性たち

決してそんなふうにはならないように…


震災が教えてくれたことの一つですね。

投稿: ヤマサキ | 2011年3月22日 (火) 22時44分

私達が今、普通、当たり前と思っていた生活がどれだけ幸せで感謝しなければいけない事なのか、蛇口をひねれば水が出る事、明るい部屋で温かいご飯が食べられる事、毎日お風呂に入れる事、温かい部屋でふかふかのお布団で寝れる事、何より家族が一緒にいられる事…。これらの幸せは何一つとして当たり前なんかじゃないんだという事を忘れないようにしなければいけない!と父や母と話しました。


直接、被害を受けていない私達は、スーパーで買い溜めするおばちゃんのように、自分さえ良ければそれでいいとか、自分には関係ない、自分の事しか考えられない人間には、絶対なったらダメだと思いました。

投稿: あいる | 2011年3月22日 (火) 23時06分

人間の心理から言うと、「物が少ない、入荷が

いつになるか分からない」そんな事を聞くと、

やはり1個のところを2個となるのは仕方ない

かもしれませんが・・・でも東北方向を見れば

「今回は我慢しよう」「他の物で・・・」

これが私たちに出来る事なのです。

「なんで~?」と全く我関せずとしたオバハンの

顔がテレビに映ると、蹴飛ばしたくなります。

さらにゲーム代欲しさに募金箱を盗んだ女子高生、

流された「ATM」や自販機から金銭を抜き取る

事件なども起きてるそうですね・・・

残念というか、ホンマ情けないです。

被災地ではたくさんの子供たちが被災者なのに、

ボランティアであれこれ手伝っています。

その姿に涙がでます。必ず立派な大人になれます。

あいるさんのように、家族で今回のことを

話し合うのは大切なことですね、

我が家でも真剣にではありませんが(家系がら?)、

昨日も、ちょうどみんな集まっていたので、

あ~だ、こ~しろと少し話はしました。

投稿: ゆず親父 | 2011年3月22日 (火) 23時30分

いつも行く某大型安売りスーパーにさえ特定品種ではありますが数量制限のビラが掲示されていました。
「無くなるかもしれないから買いだめ…」
ひょっとして遺伝子に組み込まれた本能かもしれませんね(笑)遥か昔 冬に備え体に脂肪を付けて冬を乗り切ろうとするみたいに。家族の為に買い出しをしているのが生活の中心となる主婦の方々にとったら死活問題なのかもしれませんね。多分 家庭内での会話もなされていないのでしょうが。
震源地が段々と南下しているような…???
今は仕事中なので自宅にある地質系の書籍を調べる事が出来ないが こっちのプレートは大丈夫かなぁ???買い占めまではする気もおきないが せめて防災グッズとかある程度の食料や水の備蓄も必要なのかとも必要かなとは話し合った。
既にレトルト食品は見当たらないらしい。
オイルショックってこんな感じだったのかなぁ???
(@,@)v

投稿: Blue.Lizard | 2011年3月23日 (水) 03時49分

「ボランティア」の志願者もたくさんいるようです、

その人たちの食住の確保、統括や配置も出来る

余裕もありません。

そんな中での地元の小中高生の活動には本当に

頭が下がります。

こんな「ノー天気」なおばさん達が被災したら

避難所でも一番あれこれ文句ばかり言うのでしょうね、

 

投稿: ゆず親父 | 2011年3月23日 (水) 08時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最終章・・・か? | トップページ | 山崎秀雄の「WEEKEND FOCUS」VOL.5 »