« 山崎秀雄の「WEEKEND FOCUS」VOL.5 | トップページ | After(WEEKEND FOCUS) »

2011年3月24日 (木)

スポーツの力。

G20110323ddd1900016g20000003

選抜高校野球が始まりました。開催に関してはかなり

悩んだかと思います。東北高校の入場行進の勇姿を

テレビで見ながら笑顔と涙で拍手をする被災者の方々、

「私たちの希望の星です、頑張ってもらいたい」と号泣

するお年寄りも・・・「選手宣誓」の言葉に頭を下げる

方も・・・そんな様子を見ると、軽々しく言ってはいけない

かもしれませんが「やってよかった」のかなとも思います。

その一方、プロ野球セ・リーグはなんなんでしょうかね?

サッカーJリーグ、バスケ、バレー、ゴルフなど多くのプロ、

アマ問わず競技の中止や延期してる中、早い時期の開催に

それほど拘るのは何故?プロ野球が、特にセ・リーグが

低迷してるのはあの「独裁者」がいるからなのでは・・・

事実、私も嫌気がさして見る気もなくなった一人です。

今回、ファンも選手(口には出さないが)も大多数が時期尚早と

思っているようです。ファンあってのプロ野球なのでは・・・?

音楽と同じようにスポーツもまた「元気薬」なのかもしれません

が・・・まだまだ最初に受けた大きな傷が治っていません。

今はそちらの「薬」が先ではないでしょうかね・・・

W杯、アジア杯で多くの国民から応援してもらった「恩返し」

に、今は自分たちが応援する時だと厳しい日程や環境の中、

海外から駆け付けたサッカー日本代表の勇士たちは誇りに

思います。44歳カズもチャリティーマッチとはいえ「本気で戦う」

・・・これこそが「スポーツの力」ではないでしょうか?

|
|

« 山崎秀雄の「WEEKEND FOCUS」VOL.5 | トップページ | After(WEEKEND FOCUS) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうですね。

ヤマサキ的には高校野球も「中止」の気持ちもありました。

小中高生も1000人以上が犠牲者になっています。

そんな時に「野球」もないでしょう。

という考えです。


でもまあ、始まってしまえば、それを見る自分もいます。


難しいですね。

セリーグの愚挙はやはり、○○ツネのせいでしょう。

セリーグだけ先行しなければ行けない論理が不明です。

「政治家が決めるものじゃない」という台詞もあったとか…

何か考え間違いをしているのでしょうね。

平和や健康や安全があってこその

「プロ野球」です。

結局、たかが娯楽なのです。

それを忘れて皇帝気分でいるからいけないのです。

選手たちは「シーズンが短くなっても全試合していい」

とまで譲歩してくれています。

それを無視していた心が分かりません。

蓮舫さんが厳しく諭したそうですが

言われる前に気づくのが本当です。


もう一度言いますが、愚挙でしたよ。

投稿: ヤマサキ | 2011年3月24日 (木) 23時07分

高校野球…選手達もきっと複雑な気持ちだろぅなと思います。

でも、始まったからには被災者の方達が、子供達のプレーを見て、少しでも元気をもらえるように精一杯頑張ってほしいなぁと思います。


投稿: あいる | 2011年3月25日 (金) 00時12分

渡辺某氏は単なる老害としかいいようがないですね。
これが大マスコミの社主とはいかなものか・・・
昔からのG党ですが、このおっさんだけは許せませんね。
それに引き換え新井選手会長の凛とした態度は、とっても好感が持てました。被災地はもちろん甲子園の高校球児にも彼の思いは伝わったと思います。
こんな選手がいれば日本の野球界は大丈夫ですよ。

投稿: ロウソク屋のおやじ | 2011年3月25日 (金) 10時42分

高校野球は私も「やらないほうが・・・」でしたが

あの選手宣誓は考え抜いた文章でしょう、でも本当に

素晴らしいものでした。純粋な球児の率直な気持ちの

表れだったように思いました。ドンチャカブンチャカ

応援もなく拍手と声援だけ・・・これがいいです。

選手たちの息づかいが聞こえそうです。

                      
サッカーは全世界で一番愛され、浸透している

スポーツです。あちこちのクラブチームが

世界の一流選手が、そして全てのサポーターが

いち早く支援、励ましをスタートさせました。

「野球」は日本とアメリカだけと言っていいでしょう

世界に広がらない理由が解ったような気もします。

野球自体はおもしろいゲームなのに・・・

                       

投稿: ゆず親父 | 2011年3月25日 (金) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山崎秀雄の「WEEKEND FOCUS」VOL.5 | トップページ | After(WEEKEND FOCUS) »