« 「命てんでんこ」 | トップページ | 「正々堂々」「威風堂々」 »

2011年3月28日 (月)

「冷静沈着」

地震が起きた時の対応・・・

約5万人のお客さんでいつものように賑わっていた

「東京ディズニーランド」。日本一のレジャー施設

「夢の国」、たくさんの人がムービーを撮っています。

地震発生時も・・・動画サイトやニュース映像などでも

その時の生々しい恐怖の様子が映し出されていますが、

驚いたのが従業員(ここではキャストというそうです)が、

実に落ち着いてお客さん(ここではゲストというそうです)を

避難、誘導指示をされていました。たくさんのゲストで混雑

する施設、それだけの想定をしての訓練、シュミレーション

をされてはいるのでしょうが、それでも千葉でも大きな揺れ

だったことでしょう、同じ人間、恐かったと思いますが・・・

「建物から離れて、その場にお座り下さ~い、大丈夫です」

「園内は安全です、落ち着いてくださ~い」

全てのキャストが笑顔とまでは言いませんが、穏やかな表情で

大きな声でパニックにならないように冷静に対処していました。

さらに揺れが治まった後も「お怪我をされた方、気分の悪い方

はおられませんか~」と園内を巡回・・・当日その場でいた

ゲストのブログなどを見ると、その後の対応も見事で「感謝」の

言葉を多くみました。

この浦安周辺の埋め立て地も「液状化現象」で大きな被害が

出ています。家の片付けをする被災者の方は「大変ですが、

東北の人たちに比べれば・・・」・・・頭が下がります。

「東京ディズニーランド」に笑顔が溢れるのはいつになるの

でしょうかね・・・。

|
|

« 「命てんでんこ」 | トップページ | 「正々堂々」「威風堂々」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨晩、東京&埼玉から帰ってきました。

東大での日本海洋学会は全面中止、そして原発のある福島県の南、ウルシバラの実家がある栃木県宇都宮市での別の研究会議は、安全性の面から開催することができず、結局、埼玉県界隈&都内某所に滞在することになりました。宇都宮の実家にいる母とは、『東北本線』(私には、この呼称が馴染み深いのですが、今では実家のある地域からの線路は、『宇都宮線』と呼ばれています)、この路線の始発である上野駅で、母と会うことが出来ました。

向こうへ行って一番ショックだったのは・・・、関東人の常備食である「納豆」が、全く売っていないことでした。これは、大変な問題です。西日本に住む方々にとっては、納豆は最近10年くらいで馴染みになった、食べなくても「なんちゃない食品」なのかもしれません。でも、私たち東国人にとっては、これはまさに朝のルーティーンとなっている食品であって、納豆が食べられない毎日は、相当な心理的ストレスを与えているのではないかと思います。

適当な、そして適切な提案なんてありませんが・・・、私たち日本人の「叡智」を結集し、困っている数多くの人たちが、少しでも楽に、そして幸せを感じることができるような環境を作っていかなければと思います。

東京&関東エリアの電車は、節電のために暖房が入っていませんでした。でも、乗客の誰一人として文句を言うでもなく、しかも運行本数が減ってしまって、超々満員のギュウギュウ詰めで、照明も消されて真っ暗な列車の中で、乗客のみなさんは静かにこの状況を受け入れているという事実、その「心意気」を痛いほど感じました。いわば、『誇り高き日本人』を実感しました。

でも、でもですね・・・、暖房の入っていない列車は、すきま風がドアから入り込んで本当に寒いんです・・・。マイカーでぬくぬくと通勤することに慣れている私には、経験したことのない辛い乗車時間でした。ここ讃岐での日々の暮らしを振り返り、不肖ウルシバラは、深く深く反省しました。

昨晩、香川に帰ってきましたけれども、完璧に風邪気味です・・・。そりゃあ、不摂生な私自身が悪いのは間違いないのです・・・・・・。でも! でもですよ!! この温暖で穏和な、ここ香川、いわゆる讃岐の地に住む私たちは、現在の日本国において、本当に恵まれた生活をさせて頂いているのだということを、極めて重き実感として、自ら再認識しなければいけないのだと、五十にしてウルシバラは痛感した数日間なのでした。

わたくし、『五十にして、まだまだ』です。

投稿: ウルシバラ | 2011年3月28日 (月) 22時37分

すごいですねsign01徹底した教育さすがですsign01人が多いだけに、パニックになってしまったりすると大変ですが、いざという時の教育、素晴らしいですねshine


ウルシバラ先生、お帰りなさいませhappy01そして、お疲れ様でしたsweat02
香川はやっぱり恵まれてますね。
私も納豆大好きで、我が家は朝はパン食なので、晩ご飯ですが、昨日も今日も普通に買ってきて、食べることが出来ました。普通と思っている事も、ちっとも普通じゃないんですよね。何気ない事も全てが本当に感謝しなければいけない事で、恵まれているという事を思いに留めて生活しなければいけませんね…。

お疲れもあると思います。風邪、お大事になさってください。

投稿: あいる | 2011年3月28日 (月) 23時43分

ディズニーランドも、ウルシバラ先生も

ご無事で良かったです。

お疲れさまでした。(TDLは未だ閉園中ですが)

ヤマサキが今回一番先に思ったのが

ジェットコースターのような乗り物に乗っている最中に

大地震が来たらどうなるのか…でした。

でも、本当に無事だったようで安心しました。

この話題とは少しずれるかも知れませんが

夜、帰宅後に見ていたテレビで

原発の近くで退避勧告が出ているところに

依然としてお住みになっている年配の女性が

「ここは離れない」ときっぱりと謂いました。

そしてその後に…

「東京人のために、ここ福島で電気を作っているのに

どうして私らがこんな目に遭わなければいけないのか」

と怒りをあらわになさっていました。

気持ちは十二分に理解できました。

不便な生活を強いられている都民たち…

前にも書きましたが

普段は日本一便利な暮らしをしている方々です。


このご婦人の言葉を、どうお聞きでしょうか?


そしてこれは我々みんなに向けられた言葉です。

日本には原発が必要(悪)で

そしてどこかの地方の人々がその役目を担っていてくれる。


私たちは便利だけを頂いて

危険はその人たちだけに回している、

そう思える一言でした。

投稿: ヤマサキ | 2011年3月29日 (火) 00時10分


顧問

ご無事でのお帰り、お疲れ様でした。
「物」や「電気」の当たり前の「ありがたさ」を
感じてこられたのですね。
私は生まれて18年間、香川で育ちました。高校を
卒業して大阪に5年ほど暮らし再び戻った時に、
この県の嫌な部分、弱い部分が見えだしました。
ずっと暮らしていた頃は何も感じなかったのに・・・
こちらに帰って数十年、「温暖で穏和な県」での
生活にどっぷり浸かっていられるのに感謝ですが、
ただ「未曾有の災害」に襲われた時にこの県は、
「ぬるま湯気質」の県民は、自分も含めどうなるの
でしょうか?大パニックになるのでは・・・
不安になります。今回のことで県民一人一人が
多くを学んで、考えて備えなければ・・・と感じます

あいる姫

本当に災害時のシュミレーション訓練が
徹底されてるのが、よく分かりましたよ
「TDR」にしても「USJ」にしても
アルバイト採用にもかなりの高い基準を求めてます。
娘が「USJ」でバイトしていたのですが、
何千人もの応募でまず書類審査があり、
それから2次、3次面接でようやく採用です。
当然、採用されてからもあれこれ厳しい教育が
あったようです。その「もてなし」の心が
長続きする最大のポイントなのでしょうね。

会長

私もそのニュース番組見ました。
体の不自由な旦那さん、避難所では他の人に
迷惑がかかるし、皆さん自分の事で精一杯・・・
で、また自宅へ帰られたようですね。
自主避難は将来何かが起きた時の国の「言い逃れ」
アイテム、「避難して下さいと言いました」
なんでしょうね・・・
マスク越しでしたが「怒り憤り悲しみ」が
全て痛いほど突き刺さりました。
被災者優先、そしてさらに被災弱者最優先
沖縄の基地問題も同じです。
平和に安心に暮らせる者が言えることか、と
お叱りを受けそうですが・・・
次から次から考えさせられますね。

投稿: ゆず親父 | 2011年3月29日 (火) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「命てんでんこ」 | トップページ | 「正々堂々」「威風堂々」 »