« スポーツの力。 | トップページ | 四月になれば日本は・・・ »

2011年3月25日 (金)

After(WEEKEND FOCUS)

お疲れ様でした。録音で後半部分を聴きました。

相変わらずのブレイクタイムの「お茶」がどうの

漆原先生はどうのと・・・ほんま「もうええわ~」ですね。

【コントGO、GO、GO】

欽ちゃん、二郎さん、コント55号、知ってる人には懐かしく

知らない人には分かりやすく伝わっていたと思います。

私は当初はコントゴーゴーって言っていたように思います。

「浅草・ストリップ」となると数多くのコメディアンや役者の

名前が出て来ますが、あの「世界のキタノ」ビートたけしが

最後の弟子であった「深見千三郎」・・・この方が昔から

気になる存在です。欽ちゃんや東八郎も世話になったそうな、

(さらに古いお話になりますが・・・)

「車だん吉」・・・コント0番地ですね!以前にも書きましたが

中学時代、丸亀市民会館でコント55号の公開収録番組を

見に行った時、その頃欽ちゃんはレコードを出していて、

買わなければサインしてくれなかったのを、近くで羨ましそうに

見ていたら(お金がないのでレコードは買えず・・・)、

だん吉さんが「僕でよかったらサインしようか?」と色紙に

お得意の自分の似顔絵とサインをしてくれました。

欽ちゃんもあの頃大人気だったので「ごめんよ~、買ってくれた

人だけなんだよ~」とよりタレ目で申し訳なさそうに・・・

よ~く憶えています。

ちなみに欽ちゃんのご両親は小豆島ご出身だそうで、以前

「ゴールデンゴールズ」の欽督で来県した時も、その話を少し

しておられました。

二郎さんを偲んでなのですが、欽ちゃん話になりました。でも

これがコント55号のスタイルなのです、二郎さんは昔ながらの

やっぱり本物の「芸人さん」ですね。

【山崎秀雄の名作ミステリー】⑬

作者 アラン・アレキサンダー・ミルン( 1882~1956 英 )

作品 「赤い館の秘密」 (The Red House Mystery)

* ご存知「クマのプーさん」の著者です。

|
|

« スポーツの力。 | トップページ | 四月になれば日本は・・・ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ヤマサキ先生お疲れ様でした。

『コント55号』のお話とても分かりやすくヤマサキ先生節を楽しませていただきましたshine


体を張ったコント、本当におもしろいと思いますsign01欽ちゃんの飛び蹴りを直に受けている二郎さん痛そうだけど笑っちゃいます(笑)


ちなみに、「車だん吉さん」お笑いマンガ道場で見てました(≧∇≦)ゆず少年?にサインをしてあげる優しい方なんですね(笑)


投稿: あいる | 2011年3月25日 (金) 22時56分

実はオープニングに際して女史から

「FMの上層部からのお達しで

震災のことは過剰に深刻な話とか

悲惨さを強調した話は止めて下さい」

との下知がありました。

そこでヤマサキが

「じゃあ、この台本は辞めて

エリザベス・テイラーさんの話にしよう」

と提案すると(番組にもあったように)

「でも、私の周りの人は誰も知りませんよ」と。

映画と俳優に対する「愛」が足りない言葉です。

もし、本当に誰も知らないような存在の役者であっても

「ここは語らなくては」というのが映画好きです。


しかも、テイラーさんですよ。

放送と同じ言葉で、ヤマサキは「知っている人の方が多い」

と主張しましたが、無視されました。

ブルーさんのメールが無ければ触れられない話題でしたよ。


コント55号…もっと詳しくすることもできましたが

まあ、あの程度でご勘弁を。

あいるさんのメールも読めましたし

何とか及第点だったように、自己採点しています。


自分としては「なんでそうなるの」の話も一杯したかったのですが

それはまた「バタクリ会」での披露ということで。

次週は「4月1日とは?」という

中井さん得意の「今日は何の日」ネタでいきます。


それにしても

「日本茶と珈琲」とか

「ビジュアルが違う」とか

もう、ええ、ちゅうねん(怒)

ホンマ、怒るで…(やっさん風に)

投稿: ヤマサキ | 2011年3月25日 (金) 23時22分


せっかく勝手にではありますが「バタ金」を

定着させようと頑張っとるのに・・・

「エリザベス・テイラー」を誰も知らんと一蹴する

とは、あんたは単なる新着映画の宣伝おばちゃんか?

あんたがオープニングで語るテーマでは?

・・・まあ、「やっぱりな」と思いました。

                  
コント55号も10分で語れるものではありません、

これもまたサミットで、ゆっくりと・・・

若い子にもこの笑いが伝わるのですから

やっぱりすごいコンビですね、

だん吉さんは「マンガ道場」の時のように、あの頃も

優しい笑顔で声をかけてくれました。たしか3、4人

連れがいたのですが、全員にサインしてくれました。

ハッキリ憶えています。
                

投稿: ゆず親父 | 2011年3月25日 (金) 23時51分

そう言って頂ければ幸いです。昔は結構、映画観てたので。
コント55号→略sweat01ネタと併走してしまいそうだったから若干の躊躇もありました。
萩本欽一さん 小豆島が縁故地だったんですか(@_@) ホォ-ッ!!!です♪
雑学 一つ、ゲット(^O^)/
昨日は最後までゆっくり聴く事が出来ました。普段 美味しい後半が聴きにくいので、此処での会話 毎回楽しみにしています。
(@,@)v

投稿: Blue.Lizard | 2011年3月26日 (土) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スポーツの力。 | トップページ | 四月になれば日本は・・・ »