« 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」Vol.1 | トップページ | After(WEEKEND FOCUS) »

2011年1月 6日 (木)

セロリ!?

『育ってきた環境が違うから 好き嫌いは否めない

「すまし」がだめだったり、「あん餅」が合わなかったり

するのね~』・・・2009年の四国学院大学発行の

「interest」の県下の「あん餅雑煮」分布調査によりますと

「あん餅雑煮率」は約60%です。会長が生徒さんたちに

聞いた結果と近いですね~、この分布図で見ると県下

全域でどの地域にでも「食べる」「食べない」が同居して

ますが、香川のあん餅雑煮文化は間違いではないでしょう。

さらに、味付けは70%が「白みそ」でした。

私の中の「雑煮」は昨日の「candle shop master」のコメントの

「すましにブリの切り身にあん餅」がソウル雑煮です。

カミサンの家は「白みそに白餅」、私がこちらに来て「白みそ」

に驚いたのですが、それ以上にあん餅を入れることに

驚かれた記憶があります。これはちょっとオモローな食文化と

思い、そこで私も職場などでプチ調査をやってみました。

まず聞いたのが「味」・・・ほとんどが「白みそ」でしたね~

でも少数「すまし」もいました。そして「あん餅」ですが、ほとんど

「あん餅雑煮」を知ってはいますが、「昔、祖父母が食べていた」

「子供は食べるが、自分は食べない」「知ってるけど雑煮に合わ

ないので食べない」「絶対食べる」・・・やはり5~6割でしょうか?

ちなみにカミサンの家は全く知らなかったそうです。

「interest」の調査結果はズバリかもしれませんね、ただ郡市町

別でのランキングでは綾川町、三木町、丸亀市となってますが

地域云々よりも「雑煮」は各家庭の味なんでしょうね・・・

いやあ~実にオモシロイのだ。

                                   

|
|

« 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」Vol.1 | トップページ | After(WEEKEND FOCUS) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「親の味が子供の味」ですね。

ヤマサキが大学で知った

「ところ変われば」シリーズのトップは

「え?ラーメンにコショウを入れるの?」と

友人に不思議がられた瞬間です。

個人的にも

テレビや漫画をみても

「ラーメンにコショウ」は

「仏さんに合掌」と同じぐらい

ノーマルな行為だと思っていましたから

それを驚かれたことに

驚いたのですよ。


その次が

「かまぼこの入っていないものを水炊きとは呼ばない」

という親友の言葉です。

ヤマサキの中では

「かまぼこ=水炊き」という図式はありませんでした。

なんたることですかねぇ~

同じ日本でこのざまですから

中国や北朝鮮やアメリカやフランスと

考えが合うわけないです。


世の中、国連ほど単純ではないですよ。

投稿: ヤマサキ | 2011年1月 6日 (木) 23時59分

今でこそ正月に餡餅雑煮はアタシ&娘には定番であるが、小さい頃は異様な一品でした。讃岐の人間の母や叔母は普通の白餅で大分出身の叔父と大阪カブレのオヤジがよろこんで食べてました。余談ながらこの二人は密かに犬猿の仲。子供なりに不思議に思ってた話。
善通寺方面が餡餅に醤油ベースの汁の雑煮だと何人かに聞いた事 有り。
因みに我が家の味。イリコ 鰹節 昆布&鶏肉でダシをとり大根 人参 里芋 蒟蒻 紅白蒲鉾をそれぞれ縁起良く切り白味噌仕立てで青海苔を降って頂きます。大晦日夜中に酒呑んでからの朝食 雑煮は心地よく染み込むのです。
昔 長男が小学生の頃 自由研究に行き詰まったからスーパーで1日アンケートで出身地 ダシ 味 餅の種類及び調理法 その他の具材等で正月の雑煮を調べさせた事 有ります。結構 色々有りましたよ♪
(@,@)v

投稿: Blue.Lizard | 2011年1月 7日 (金) 01時40分

意外や意外ですね。讃岐人は少なくとも80%以上が、白みそにしろ、すましにしろあん餅と思っていました。ましてやあん餅雑煮を知らなかったという人までいるとは・・・・

投稿: ロウソク屋のおやじ | 2011年1月 7日 (金) 11時05分


おそらく昔々はもっと多かったと思いますね、

食べ物の習慣はその家の物ですから・・・

特に「お雑煮」は家だけで食べる物、家族のみが

食べるのが普通ですよね、

例えば祖父母が当たり前のように食べていたから

嫌?でも食べていたけど、やがて祖父母が亡くなり

変わっていったとか、他県から転勤などで

やって来た人たちには香川に来たから「あん餅」に

なんてことにならないし・・・

だからこそ香川県全域、東から西まで「食べる」

も「食べない」も存在するんでしょうね。

同じ町内でもお隣さんでも全く違うかもしれません、

10年後にまた調査するとどんな結果になる

でしょうかね?興味津々です。

                    

投稿: ゆず親父 | 2011年1月 7日 (金) 21時25分


「ラーメンに胡椒」が不思議がられるのも不思議ですね、

「水炊きにかまぼこ」、これはウチのオカンはやってました。

我が家での今は同じ練り製品「天ぷら」を入れてます。

昔は炒飯にウスターソースかけてました、今でも

たまにやってますし「王将」でも言えばもらえます。

「食習慣」、これは壮大なテーマになりそうですね!

                 

投稿: ゆず親父 | 2011年1月 7日 (金) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」Vol.1 | トップページ | After(WEEKEND FOCUS) »