« 「いとこい」 | トップページ | 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」Vol.3 »

2011年1月25日 (火)

「健康診断」

今年はいつもより随分と早い時期の「健康診断」。

バリウムによる胃の検査も復活してしまいました。

(喜ぶ?ところなのでしょうが・・・つらい・・・)

今回は「アメトーク」ばりに『健康診断あるある話』!を、

* 健診の1週間前くらいから突然、食事を含めて

規則正しい生活になる(ほとんど無駄な抵抗でしょうが)

* 身長を測られる時、気持ちかかとをあげてしまう

(今さら身長をごまかして何になるのか)

* メタボ測定、腰回りを測られる時、気持ち息を吸い込む

(「はいはい、力抜いて~」と読まれてる)

* 血圧が高かった時、若い女の子の看護師さんだったら

「すいません、なんかドキドキしちゃって」と親父トーク炸裂、

(営業?スマイルで「もう少ししてもう1回測ってみましょ!」

と、軽くかわされる)

                                 

毎年、大金を払ってお泊りで人間ドック入りする人、

健診なんてそんなの必要ないとマイペースの人、

早いか遅いか、苦しむか安らかに眠るようにか、

どちらにしても行きつくゴールはみな同じなのですからね、

「健診」をどう捉えるかは個人の自由です。私の場合は

毎度ほざいてますが「元気に迷惑かけずに逝ければ」と

会社が負担してくれるのなら・・・と思っとります。

                                 

|
|

« 「いとこい」 | トップページ | 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」Vol.3 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ヤマサキの同僚の男性が

「糖尿の気があって」と言います。

それでも職場に甘いものがあると

「食べようかな~」と…

そこでヤマサキは

「食べたらええやん。

人間長生きするために生きてるんとちゃう。

楽しむために生きてるんやから」と…

そうすると彼は

「仰る通りやわ」と菓子を口に運びます。

まあ、これは詭弁ですし

健康指向者からは怒られるでしょうが

人間、健康に気をつけたからといって

必ず長生きできる保証もありません。

あの泉重千代さんは

ギネスに載る年でも

毎晩の黒糖焼酎は続けていました。

ヤマサキもこう思って、言ってます。

「江戸時代の平均寿命は越えてるよ。

それだけで幸せやんか」

訳の分からない数値で

人の「健康」や「幸せ」を測れるのでしょうか?

そんな「数値」があるからこそ

訪れる「不幸」もあるはずです。

済みません、極論、持論で。

投稿: ヤマサキ | 2011年1月26日 (水) 00時21分

会長のおっしゃる通りだと思いますね。
食欲がなくなれば、自然と死に向かいます。
自分の力で食べれなくなったら終わりです。点滴などで生きながらえて何の意味があるのか。
物を自分の口で味わえてこそ生きている実感が
あると思いますね。
今、家に来て20年近くになる猫ちゃんがいますが
すでに自分で食べることができなくなっています。もう静かに死を待つのみです。でも我が家族は病院に連れていって点滴させるより、このまま静かに看取ってやりたいと思っています。

投稿: ロウソク屋のおやじ | 2011年1月26日 (水) 11時39分


そうですよね、食べたいものを我慢して

長生きして何が楽しいのでしょうか?

生きる者の運命なんて神のみぞ知るです。

バタクリ会にスローガンがあるとすれば

「今日を楽しく大切に生きる! 風に吹かれて

今日までそして明日から」・・・ですね。

まあその価値観はみんな違うことでしょう、

健康オタク、菜食主義、大いに結構!

ラーメンマニア、スイーツ命、コンビニ食派、

大酒のみ、パンパンパン、なんでも結構!

それで本人が幸せを感じることが出来れば

全てOKではなかろうか?

                 

投稿: ゆず親父 | 2011年1月26日 (水) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「いとこい」 | トップページ | 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」Vol.3 »