« After(WEEKEND FOCUS) | トップページ | コンビニ決戦! »

2010年12月18日 (土)

特集兵庫県②

今回は大阪と隣接する『伊丹市・尼崎市』、

『伊丹市』は大阪豊中とはすぐお隣でしたから・・・

まあ何と言っても「大阪国際空港」?「伊丹空港」の

方がピンときますね・・・飛行機に乗りもしない奴が、

まあ田舎モン丸出しで空港ビルに遊びに行ったり、

夜の何時以降かは通行禁止になる川の土手沿い、

車でのデートスポットで離着陸が間近の真上で見れる

場所へ行ったり・・・空港横の阪神高速11号池田線

から見える「チチヤス」の看板はまだあるのでしょうか?

「第一パン」の空港工場の大きな看板が何故か印象に

残ってます。

『尼崎市』、武庫元町に叔母と娘と息子が3人で暮らして

ました。叔父は息子が生まれて間もなく若くして病死、

しばらく3人は丸亀にも住んでいたのですが、娘の就職を

機に故郷近くに帰りました。週末になると夕食をゴチに

なったりよく通ってました。従弟はまだ中学生だったかな?

当時インベーダーゲームが大流行していた頃で、近くの

ゲーセンで「名古屋打ち」を披露して(さほど上手くもない)

尊敬?されたものでした。震災の時はここから少し離れた

所に住んでいました。地震直後から何度と連絡を取ろうと

試みましたが全くつながらずでした・・・その夜でしたか?

大阪の兄経由でみんな無事との知らせがありました。

後々に聞くと家具が寝てるすぐ横に倒れてきたそうです。

幸い3人とも怪我はなく安心しました。

やはりどれだけ広い範囲に恐怖が巻き起こったのかが

よくわかりますね。

次回は「西宮・芦屋」辺りのお話を・・・。                                 

|
|

« After(WEEKEND FOCUS) | トップページ | コンビニ決戦! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「尼崎」には

結婚する直前、妻が仕事の研修に行った

その店がありました。

「人形の島津」です。

ヤマサキも妻もまだ学生だったのですが

それでも早めの研修が

彼女にあったのです。

ヤマサキは神戸の実家から

その妻を迎えに行ったものです。

「塚口」駅でしたね。

冬で、寒い風が吹いている中

プラットホームで待っていたのを思い出します。

晩飯もまだで、腹も減っていましたが

「待つ」というのはある意味、楽しいものです。


ヤマサキは「待たせる」よりも

「待つ」方が、いまだに好きですね。

またもや訳の分からない話になってしまいました。

すんません

考えなく書き始めると、いつもこうです。

投稿: ヤマサキ | 2010年12月18日 (土) 22時21分

私も「待たせる」のはダメですね、

結婚する前からずッ~~~と、そうです。

カミサンや子供たちにでも「約束の時間」

待たせることはなかったと思います!

もちろん仕事もそう心がけています。

               
さて以前仕事帰り「猪遭遇」の記事を

書きましたが、「大きな犬と間違えんたん

ちゃうの?」と半信半疑のカミサンでしたが、

昨夜の買い物帰り、家へもう2分も車で

走ればの2車線の道で、突如暗闇からまたも

でましたフラワショーならぬアントニオ猪、

前回のよりは一回り小さいようでしたが、

「わお~~っ!」と急ブレーキ、奴は慌てて元へと

戻りました。カミサンは何故か「大笑い」し

「ホンマにおるんや~!」でした。

動物好きのカミサンでもさすがに猪は

「連れて帰ろう」とは言いませんでした。

「ちゃんと自分の家に帰れよ」と声はかけときました。
 
                    

投稿: ゆず親父 | 2010年12月19日 (日) 14時24分

中井さんが以前の放送で

「ヤマサキさん、狸の死体と

他の動物の死体と区別つきますか?」

と疑っていましたが

わかりますよね~

人間として何十年も生きていたら

普段目にしているものと

目にしていないものとの区別くらいつきます。


イノシシは、六甲でよく見ました。

坂道を登っていると

親子連れのイノシシが道を横切っているのを

何度目撃したか…

話は変わりますが

今日、宇多津の「明治城」に行くと

いつもの顔見知りの店員が

「この前で今年最後だったんでしょ?

聞きましたよ。来年も頑張って下さいね」

という言葉です。

嬉しいですね。

何とか、「聴取率調査」をしてみたいものです。

来年、番組を通じてやってみたいと思います。

投稿: ヤマサキ | 2010年12月19日 (日) 21時57分

元々はと切り出すとまさに

「キリがない」のでしょうが・・・

六甲のハイキングコースのハイカーの

食べ物を狙って出没する猪の特集を

テレビでやってましたが、

食べ物の残り物を与えたり、ちゃんと

片付けずに捨てて帰る人間がいたり・・・

それで今さら襲われたもおかしなもんです。

猪はまた何かくれると思い、やってきてる

のでしょうから、

昔々は自分たちの居住区だったのでしょうに。

                
まあ「メール」も嬉しいでしょうが、

「ヨッ!先生、いつも聴いてるよ」

この一言だけでも嬉しいものでしょうね。

                    

投稿: ゆず親父 | 2010年12月20日 (月) 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« After(WEEKEND FOCUS) | トップページ | コンビニ決戦! »