« ウチ餃子 | トップページ | 山崎秀雄の「WEEKEND FOCUS」vol.25 »

2010年12月14日 (火)

特集兵庫県①

会長が故郷神戸へ帰られたこともあって・・・

今日から不定期に「兵庫県」をテーマに書いていきます。

と言ってもこの地は、私の人生の第2章の始まりの地

です、勤務地は大阪・豊中になり大阪府民になりました

が、18歳~23歳頃の激動・感動の青春期を過ごした

忘れる事のない場所がたくさんある兵庫県のあちこちを

今後シリーズで私自身の思い出話で紹介していきます。

今日はさわりだけ・・・

大学へは全く行く気もなく、とにかく阪神地区に就職

したかった高校時代、恩師ブタ松先生に「吉本行くか?」

と冗談でもないようなトーンで言われ「笑わせて、お金を

稼ぐ自信はないです」と丁重に断り、ではここにしろと

薦められたのが「灘神戸生協」(現:コープこうべ)、

日本一の「マンモス生協」は今も変わらないようです。

本部が『神戸市東灘区住吉』住吉駅のすぐ北側にある

大きなビルでした。ここがスタート地点で、また第2章の

終点でもありました。仕事だけで何度か豊中から出てきて

ましたが、「生協祭」?、組合員、従業員との文化交流的な

イベントがあり、本部の講堂のような所で「フォーク集会」も

ありました。そここそが我がバンド「マイナー」のデビューの

場所。たくろう、かぐや姫のコピーを4、5曲やって大ウケ

しました。その印象が一番強い場所です。

「Googleマップ」のストリートビューで、何か思いだすものが

ないかと駅近辺を散歩してみましたが、35年の月日・・・

いやいやあの忌まわしい「阪神淡路大震災」のために、

全く変わってしまったのでしょうね、何一つと思いだせることが

ありませんでした。調べるとこの本部ビルは横倒しで崩壊した

そうで、警備員の方が亡くなられたとか・・・

改めてこの震災の恐さ、辛さをこんな形でも感じさせられます。

『神戸市東灘区住吉』一番に紹介する一番メモリアルな場所です。

|
|

« ウチ餃子 | トップページ | 山崎秀雄の「WEEKEND FOCUS」vol.25 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

丸亀に帰ってきたヤマサキです。


生まれて初めてルミナリエも見ました。

やはり涙がでますね。

20メートル置きに立っている募金少女の

一つ一つの箱に

100円玉を入れ続けて歩いてました。

途中で、いくらかかったかと数えるのも止めました。

亡くなった友人や親戚への惜別です。

しかし…

周りを行く「紳士淑女」や

「美しく若き男女」は

写メを撮るのに必死で

誰も募金などしません。

「綺麗ね」と喜んで

写真やビデオを撮るなら

100円ぐらいは「仁義」だと思うのですがね~

ヤマサキが生まれたのは

葺合区(今の中央区東部)の

日暮通5丁目です。

吾妻小学校の北側で

大安亭市場の西側です。

位置的には葺合警察の北裏になりますかね。

勿論路地は未舗装

車も通らない4メートル未満の路地が

ヤマサキの「世界」でした。

穴を掘ろうが蝋石で絵を描こうが

誰も文句言いません。

本当に「自由世界」でした。

ゆず親父さんの兵庫話にひっついて

ヤマサキも「少年時代」を語りましょうか。


まあ、自己満足、自己愛撫的な行為で

他の人には退屈なだけでしょうが

今、(ごく一部の)皆さんに「会長」と呼ばれている

その男の「昔話」です。


投稿: ヤマサキ | 2010年12月14日 (火) 22時54分

自分の思い出話を語るよりも

会長の神戸話を聞きたい目的でこんな

特集を組んでみました。

親父二人だけが喜んで話すことになるのは

みえみえですが、よろしくお付き合いを!

「ルミナリエ」行きましたか!

羨ましいですね~、ただ神戸復興の「灯り」

100円の募金も惜しむのですか?

貧乏人でも言わせてもらいますが

「たかが100円」です、何万人が訪れるか

分かりませんが、一人100円でも

どんだけ大きな善意になることでしょうか、

自分たちだけの幸せなんですね・・・

                 
さて「マイナー」のデビュー?の裏話ですが、

生協の従業員主催の「フォークサークル」があり

我々の演奏が終わり帰ろうと片づけてると

「是非一緒にやりませんか!一度見に来て下さい」と

誘いを受け後日集会の様子を見学に・・・

「(遠い世界に)とお~い せかいに~

(旅に出ようか)たびに~ でようか~

(それとも赤い)それとも~ あかい~・・・」

みんなが真面目そうに声をそろえて歌ってる。

「こりゃ~ヤバイ、無理、無理と」

「すいません、ちょっと思ってるイメージが

違いすぎてるので失礼します」とすぐに

逃げるように帰りました・・・とさ。

                     

投稿: ゆず親父 | 2010年12月14日 (火) 23時44分

去年 会社のレクレーションで初めて神戸に行きました。皆が揃って中華街に行っていたのですがアタシは単独でビエンナーレへ。滞在時間が長すぎて海洋博物館には入れずじまい。そのほかには昔から残っている幾つかの建物を見ながら歩きました。
ルミナリエ 一度は家族で行ってみたいです。震災を忘れない為にも。

(@,@)v

投稿: Blue.Lizad | 2010年12月15日 (水) 03時22分

「鉄人28号」と「ルミナリエ」は

一度は行きたいと思ってます。

観光、遊び、デート、目的は何にしろ

ほんの少しでも「震災」のことだけは

忘れず、亡くなられた方のご冥福を 
祈りましょう・・・ね。
              

投稿: ゆず親父 | 2010年12月15日 (水) 21時14分

ヤマサキの兄(春まで小学校校長)が

今は「天下り」で、なんと…

王子動物園の案内員をしてるそうです。

(情報源は母親)

そしてさらに驚いたのが

そんな訳の分からない(ゴメン、兄ちゃん)

仕事でも校長時代と同じ給料ですって!!!

これが天下りの現状なのでしょうね。


身内のことながら「あかんやろ」と思います。


ヤマサキは今回もサンプラザ地下の

「カスカード」というパン屋の前を通りました。

大学を出たヤマサキが最初に就職して

勤め始めた店です。

22才のヤマサキがそこにいたのです。

そしてそこから元町入り口の「ドンク」に…

そこは23才のヤマサキの職場でした。

水商売が私の基本です。

こんな話…極端な個人話ですが

ゆず親父さんにだけ話しかける気分で

これからも続けますね。

投稿: ヤマサキ | 2010年12月15日 (水) 22時48分

そもそも会長や顧問の

話を聞くための「バタクリ回覧板」です。

興味深い話でご意見・ご感想・質問が

あればどなたでも「お気軽に~」な場所です。

まあただほぼ親父二人だけが喜んでる

話が多くてくだらない、つまんない

でしょうが・・・

死ぬまでやりまっせ!!

投稿: ゆず親父 | 2010年12月15日 (水) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウチ餃子 | トップページ | 山崎秀雄の「WEEKEND FOCUS」vol.25 »