« After(WEEKEND FOCUS) | トップページ | イッチニ、イッチニ! »

2010年12月11日 (土)

今時のクリスマス。

昭和30年代~40年代前半、ガキ、いや幼少の頃は

ご馳走はなかったけれど、バタークリームケーキ

さらにはアイスのケーキとWであった日にゃ~

それは、それは「はっぴ~ハッピ~クリスマス」でした。

今日「トイザらス」へ下見?で行ってみました。

予想通りのたくさんの親子連れ、爺婆おまけ付きで、

早くも混雑です。

イブの夜に枕元に靴下を置いて、あくる朝にはその中に

サンタがプレゼントを・・・まだそんな家庭もあるのかな?

自分の子供たちが小学生の頃には、我が家でもまだ

靴下の中とまではしませんが、せめて雰囲気だけでも

残そうとやってました。子供たちも喜んでいました。

話を戻しましょう、大きなカートに3つも4つも「おもちゃ」が

「これは爺婆の分で、これがパパ、でこれがママから・・・」

あちこちで大きな袋を抱えた家族が・・・出てすぐに喫茶

コーナーがありますが、女の子は早速開けて遊んでます。

まあ景気のいい話で、これも少子化ならではかもしれません

が・・・へんこつ親父には「ちょっと違うんじゃないのかな?」

って・・・店が賑わうのもいいでしょう、豪華な料理でのホーム

パーティーもいいでしょう・・・でも、ガキ、いや子供の頃の

クリスマスがクリスマスぽかった気がしてなりません。

「やっぱり俺はチキンライスがいいや♪」・・・ですね。

                                 

|
|

« After(WEEKEND FOCUS) | トップページ | イッチニ、イッチニ! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

次回の担当は、クリスマスイヴです。正直申しまして、なんとなくクリスチャン! いや二代目のクリスチャン、否!、恥ずかしながら「心は本物のクリスチャン」としては、今時のJapaneseー人々のクリスマスには、相当に物申し上げたいことが、それこそ山ほどあります。で、ありますがゆえに、次回の担当24日(金曜日)は、全く違ったテーマでいかせていただきます。申し訳ございません。

私、腐ってもクリスチャン、上辺だけのチャラチャラ(ごめんなさい)した「クリスマス疑似祭り」(これまたお許しください)には、辟易しております。

クリスチャンにも、カトリックからプロテスタントまで(その後の新教の方々には、これまたごめんあそばせ。私には全く理解できない教義でございます!)「隣人を助けずして、なぜキリスト教?」ということで、キリスト教をちょっと曲げて語る人々も含めて、いささか幅広うございます。に、いたしましても、本物の基督者は、イヴには大酒飲んで大騒ぎをするものの、25日は静かに過ごします。アルコールを召し上がらない宗派の人々もおりますが、イエス・キリストは、聖書の記述にもありますように、相当の大酒飲みだったようでありまして、この側面からも私はクリスチャンなのでありますよ・・・。

そのようなわけで、単なるお祭り騒ぎにされることには、私は相当に抵抗がありまして・・・。ですから、次回24日のWeekend focusは、全く違った「讃岐ネタ」で、やらせたいただきます。

ごめんあそばせ。(子どもの頃、江戸の山手でお育ちになった伯母様がたは、このようなお言葉を述べておられました。)今思えば、慇懃無礼な言葉ですよね。

ともあれ、ご免なさい。24日は、クリスチャンであるが故に、クリスマスのテーマはご勘弁願います。(謝) ゆず親父さんと会長には、ご理解頂けるかと・・・。

そういうわけで、クリスマス会は叶いませんが、是非、新年会で!!!

投稿: ウルシバラ | 2010年12月11日 (土) 22時38分

ヤマサキが授業で

「先生はサンタクロースを信じている」

なんて発言すると

小学4年生までもが団体で

「おかしいんとちゃう?

おるわけないやん」

との攻撃です。


でもね…

サンタクロースがいるからこそ

子供たちはプレゼントをもらっているのでしょ?

と反論したいのです。

それがキリスト教と関係しようがなかろうが

日本の代々の親たちは

サンタさんの代わりに…と

子供たちにオモチャを買うのです。

そこを忘れて欲しくはありません。

サンタを信じない子供に

クリスマスプレゼントは不必要です。

でも、静かに賛美歌を歌いながら…

というのがヤマサキは好きです。

反省や、夢を心に抱きながら

近しい人たちの幸運を祈る、て感じが

ヤマサキのクリスマスです。

ディケンズの名作「クリスマス・キャロル」が

その代表ですかね。

…でも、まあ、シャンパンと鶏の足は

欲しい気がします。

ああ、凡人や~

投稿: ヤマサキ | 2010年12月11日 (土) 23時45分

私はクリスチャンでもない無宗教ですが

何か引っかかるのは、意味もなくはしゃぐ、

プレゼントの嵐、恋人同志の盛り上がり日、

あちこちで大バカ騒ぎ・・・そんな光景です。

昔は表現しにくいですが、心地よく

静かに楽しく盛り上がっていたような

気がします(分かるかな・・・?)

ジングルベルが心地良かったですよね、

ケーキ屋の前には大量のバタクリケーキ、

「鶏の足」は家で焼いたもの・・・

クリスマスは温もりがありました。

年末、正月が来るんだあ~と実感できました。

まだ「若」はわかりませんが、娘が

「サンタさん来るかな?、サンタさんは

煙突から入ってくるから、煙突作らないかんなあ~」

と「若」と話をしてるのを見て少しホッと

した気がします。

                
顧問の感情は理解できます。ただ問題の

女史は「エ~~っ、なんで~?」と

おそらくなるでしょう・・・

お気をつけください。

                

投稿: ゆず親父 | 2010年12月12日 (日) 00時33分

突然ですが、明日から二日ほど

神戸に帰ります。

年老いた母と父の顔を見るためです。

この時期に帰るのは初めてです。


ということで

明日からコメントができるかどうか…

向こうでパソコンが借りられればしますので

本人としてはするつもりですが、ね。

投稿: ヤマサキ | 2010年12月12日 (日) 00時57分

生粋のハボネスで有るアタシ。
八百万の神 OK(^O^)/
その辺に関しては 様々やややこしい話 沢山有るからバス。
24日はアタシは夜勤。とりあえず料理だけしてプレゼントはどないしよか~???
年の暮れ。厳正なる?新春を迎える前のバカ騒ぎ。家族に対して「ありがとう」の意味を込めて今年もサンタさんになろ~かと思案しています♪
→しかし実を言えば24日も元日も仕事なんですsweat01
(@,@)v

投稿: Blue.Lizad | 2010年12月12日 (日) 01時07分

会長

久々の帰郷ですね、まあブログは

気にせずその「男前」の顔を

ご両親に見せて安心させてあげて下さい。

                  
ブル~さん

それぞれのクリスマス、年末年始の

過ごし方、考え方があるでしょうからね、

ただ「平和で過ごせる」、

その喜び、感謝する気持ちだけは

忘れずに過ごしたいものです。

お仕事頑張ってください。

                

投稿: ゆず親父 | 2010年12月12日 (日) 09時51分

私もおもちゃ屋さんの
カート山盛りのプレゼントは
なんか違うよ…
と思ってます。

ゆず親父さんの娘さんと
同じ話を小さな姪に言った事があります。
煙突のある家庭は
めったに無いですもんね〜


『サンタさんが来てくれんかった…』
と泣きながら家中走りまわって
プレゼントを探してた
そんな姪も中学生
姪『ママにクリスマスプレゼント買ってもらうんで〜』
私『ママに買ってもらうなら今年はサンタさん来んわ』
姪『サンタさんも来るんで』
と ニヤリ。

ちょっと 下心見えるけど(^^;)

投稿: サボテン女 | 2010年12月13日 (月) 10時15分

サボテン女さん

山盛りのプレゼント、まあ普段から

あれこれと買ってあげてるのでしょうね、

子供も当たり前と「麻痺」してるんでしょう、

「若」とスーパーに行くと必ず「食玩」の

コーナーで大好きな車を物色します。

よく娘は買ってあげていますが、カミサンに

「後々困るのはあんたやで」と注意されます。

そんなに高いものでもないし、好きな車への

興味ですから・・・

先日、娘抜きで買い物に行った時の「若」は

違ってました。いつもはカートに乗るのも

嫌がり、「食玩」へ行きたがるのですが、

母親がいないと、おとなしくカートに座り、

「食玩」にも見向きもしません。そんな

様子の「若」に、カミサンはたまらなく

なったんでしょうね、自ら「食玩」コーナーに

連れていき「好きなの一つだけ買っていいよ」と・・・

少しずつですがちゃんと成長してます。

               
プレゼントのあげかた、内容、タイミング

とても大事なことだと思います。

                   

投稿: ゆず親父 | 2010年12月13日 (月) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« After(WEEKEND FOCUS) | トップページ | イッチニ、イッチニ! »