« トマト屋の「トマト鍋」。 | トップページ | 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」⑳ »

2010年12月21日 (火)

ゆず ON 柚子

Img_4764

明日12月22日は「冬至」、二十四節気の第二十二、

一年で昼間が一番短く、夜が一番長い日ですね、これから

「小寒」「大寒」と寒さも本番になっていくようですが・・・

冬至と言えば「ゆず湯」、ひと足早く温まりました。

「ゆずの香り」のバブがあったので、まさに「ゆず ON 柚子」

昔から俗に言う「カラスの行水」の風呂の入り方なのですが、

ぬるめのお湯に半身浴で長く入るのが健康には良いそう

ですが、顔だけ出して入るのがやはり気持ちいいのですわ。

爺になると冬は特に「OH~~~~」と唸りながら入ってます(笑)

「冬至」「ゆず湯」とくれば、平成フォークデュオ「ゆず」。

デビュー前から「冬至の日ライブ」を無料で当日まで場所は

秘密でやってました(高知、柚子の里北川村でもやりました)

が、もう今は警備、場所の確保が困難になったようで、

今年は「YouTube」での無料配信をするようです。ご案内まで・・・

|
|

« トマト屋の「トマト鍋」。 | トップページ | 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」⑳ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「ゆず」自体の味は

どちらかというと苦手です。

「ポン酢」は大好きですが

「ゆずポン」はダメなのです。

でも…ゆず湯はいいですねぇ。

ヤマサキも「鴉族」ですが

冬は少しだけ長くなります。

(と言っても全部で15分が限度ですが)

だから温泉に行っても少々勿体ないです。


神戸に居て

二人で暮らしていた学生時代

時折、風呂屋に行きました。

同時に入っても

どうしてもヤマサキは早く終わります。

それで出口で待つのはこっちの仕事です。

南こうせつが歌うように、女の方が長いというのは

どうにも理解できなかったのです。

小さい頃は父親と一緒に入っていると

父親が男湯の方から

「もう出るぞ~」と声をかけて

母が「もうちょっと待ってな」と返事する。


こらまた「昭和」の風景ですなぁ。

思い出しました。

投稿: ヤマサキ | 2010年12月21日 (火) 23時02分

やはり「銭湯」ももう昭和の

懐かしい光景になってしまいましたね。

私も子供の頃はよく通いました。

短くても楽しい時間でした。

やはり広い湯舟は気持ちがいいですよね、

「二人で行った横丁の風呂屋~」も

経験しました。

夫婦の声かけもありました、

3歳くらいの子供がシャンプー持って

女湯から男湯へデリバリーもしてました。

今のスーパー銭湯とは違います。

裸同志の真の社交場でしたよね。

「バタクリ」と同じくらい哀愁があります。

                  

投稿: ゆず親父 | 2010年12月21日 (火) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トマト屋の「トマト鍋」。 | トップページ | 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」⑳ »