« 整理券 | トップページ | 深すぎる話。 »

2010年11月22日 (月)

拝啓、国営放送様。

NHK子供向け番組の王道といえば「おかあさんと

いっしょ」、昔は民放でもいろいろ子供番組があり

ましたが、古くは「おはようこどもショー」や「ロンパー

ルーム」、「ポンキッキ」などなど・・・

「おかあさんといっしょ」はウチの3人の子供たちも

小さい頃は毎日楽しみに見ていました。歌、体操の

お兄さん、お姉さん、3人?3匹?3体?のキャラの

(当時はジャジャマル、ピッコロ、ポロリ)

歌、踊り、小芝居ありの30分ほどの番組。当時は

スーパーやデパートの屋上での公開収録もあり、

朝早くに並んで行ったこともありました。

今でも続くこの番組、「若」も喜んで見てるようです、

12月にはチャリティファミリーコンサートの題目で

高松でもイベントがあります。当日は収録もあるとの

ことで、カミサンは早速チケットを手配、チャリティーで

大きな会場となると入場料も発生します。それでも

前列が2800円ならそんなにはこないだろうと簡単に

考えているカミサンに私は「バカにしたらアカンで~、

子供向け番組の神様みたいなもんやで、時代は

変わっても・・・そう簡単にチケットは取れへんで~」と

案の定、抽選ハズレでキャンセル待ち・・・どやさ!

諦めついたかと思いきや、今度は「ヤフオク」へ・・・

すると「いったい何なんannoy!」とかなりのご立腹モ-ド。

子供たちへのイベント、それもチャリティー、さらに

NHK国営放送なのに、1万~2万の値がついてると、

確かにネット上での転売は固くお断りしますとは書いてる

ものの、これで儲けてる奴らもいるのが現状です。

実際、我が子のため可愛い孫のために買える人がいる

からなのですが、「そんなん絶対おかしいやろ~」と・・・

まあ気持ちは分かります。子供や孫を餌にふっかけて

きてるようで・・・「まあまあカアチャン、そんな世の中

なんやから、金持ちが優先され見えない悪党どもが

儲けてニンマリ、庶民は貧乏人は我慢せなならんぜよ、

まだ仕事も出来て、あったかい部屋で3食食べれる、

この幸せをかみしめませんか・・・また機会があるべ!」

と、とりあえずは諭す。

どうなんでしょう?チケット販売は民間企業に委託してる

ので関知しませんなのでしょうか?

例えば抽選で当選者にハガキを送り当日会場にて

チケットと交換し席もその日に決まる・・・とか・・・

そんな面倒なことをする訳ないでしょうが、ただもう少し

良い方法があるのではと思うのであります。

NHKさんのお考えは・・・?

                                    

【予告】

今宵は久々の「丸亀一鶴本店サミット」が開催されます。

三者会談の様子は明日の記事にて詳しく・・・「乞うご期待」

                                       

                              

|
|

« 整理券 | トップページ | 深すぎる話。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

丸亀城の花見でも

20年前には自由に個人が場所を取れたのに

今では、訳の分からない「プロ」が

場所を「売っています」…

きっと我々とは違う「面々」が

それを取り仕切っているのでしょうが…

重要文化財で

丸亀市が責任を持っているところで

そんな「不当」がまかり通るのです。

そういえば去年「サイモンとガーファンクル」の

大阪公演を見に行った時

入り口近くで、いわゆる「ダフ屋」が

とぐろを巻いていたのを思い出します。

でもね…

公営放送で

子供たちのあこがれの的のNHKですから

その辺り考えて

誰でも平等な手法を考えて欲しいものです。

私たちが払っているお金で運営しているはずの

NHKでっせ~

お前ら、もっと考えんかい!!!

投稿: ヤマサキ | 2010年11月22日 (月) 22時53分

ですね。
進化した「ダフ屋」には滅茶苦茶 憤慨しています。少ない小遣いかき集め買いに行ったコンサートチケット。今では「古き良き時代」なのでしょうか。プロモーターの方々からすれば より早く完売してくれた方が後も楽なので規制しないのでしょう。暇な人間 安く雇って利益を得ようとするのは 有る意味資本主義社会の弊害とまで思っています。数字は忘れたがツェッペリンのコンサート 売り出し開始一瞬でのアクセス数は呆れる程だった記憶が。
こんな時代だからこそ国営放送の威厳 権威を振りかざし悪意?のある業者の締め出しのルートを作り出して一般消費者を守って欲しいですね。
(@,@)v

投稿: Blue.Lizad | 2010年11月23日 (火) 01時29分


え~っ!丸亀城の花見もそんなことに

なってるのですか・・・?


以前『ゆず』のライブで「大阪城ホール」に

行った時。一人これなくなりチケットが

あまりました。そこで息子にチケット欲しがってる

子が絶対いるから、正規の値段で買ってもらえ!

5分も経たないうちに「売れたよ」と

帰ってきました。その子はダフ屋買い覚悟で

来てたらしく、とても喜んでいたそうです。

「つま恋」にしろ「S&G」にしろ桁違いの

金額がオークションに出てました。

ただみんな同じ目的で楽しみたい思いに

こんなにも格差、不平等が出るのでしょうかね

席の遠近の金額の差、公正な抽選のハズレ、

これらはまあ当たり前のことでしょうが、

人気アーティストの場合は仕方ないと許せても

今回はNHKの子供向けの公演ですからね~

もう少し考えてもらいたいですね、オークションで

儲けたお金を「チャリティー」してくれるの?

・・・「アホかっ!」と笑ってるのでしょうね、

これもまた今の時代なんでしょう・・・ブツブツ。

                         

投稿: ゆず親父 | 2010年11月23日 (火) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 整理券 | トップページ | 深すぎる話。 »