« スポットニュース | トップページ | 廣島つけ麺。 »

2010年11月 1日 (月)

イリヤ・クリヤキン

Uncle3_3

この顔に「野沢那智」さんが当てはまれば、あなたは

正真正銘の「バタクリ人」であります。

我々を楽しませてくれた、コメディアン、プロレスラー、

プロ野球選手、俳優、歌手・・・  突然の「訃報」は

驚きとともに淋しいものです。ここにまた一人昭和の

ヒーローが天国に旅立ちました。吹き替え声優の

大御所、「野沢那智」さんが亡くなられました。

小学生の頃は洋画に連れっていってもらっても、字幕の

スピード、内容に必死になりその役者の声なんてピンと

こなかったものです。その点テレビの洋物は吹き替えで、

知らぬ間に外国の役者の声は日本の吹き替え声優の

声と思いこんでしまい、後に本当の声を聞いて変な

違和感があったりしたものです。

60年代の米TVドラマ「0011ナポレオン・ソロ」の

ロバート・ボーンの矢島正明さん、後の他の作品にでても

矢島さんの声でなければロバートじゃない・・・みたいな。

カーク船長もそうでした、それに強烈にインパクトがあった

『逃亡者』の冒頭のナレーション「リチャード・キンブル、

職業医師・・・」・・・おっと脱線していまいましたが、その

ソロの相棒のイリヤ・クリヤキンが野沢那智さんでした。

これほどシンクロする声はないと思えるほどのハマり役

でした。その後もアラン・ドロンからアル・パチーノ、

ダスティン・ホフマン・・・数々の洋画スターの吹き替えを

担当、チキチキマシーンの実況解説もそうでした。

私の中での声優と言えば、真っ先に思い浮かぶのは

やはり「野沢那智」さんですね。

本人の声を字幕で楽しむこそが王道かもしれませんが、

吹き替えでも楽しめる、それもいいじゃないですかね・・・

アラン・ドロンなんて那智さんの声のイメージしかないですね。

土曜日の「ダイハード 4.0」のブルース・ウィルスの声は

那智さんではなかったですね・・・ガッカリでした。前回の

テレ朝は那智さんの声でやったのに・・・

                                    

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

                                   

|
|

« スポットニュース | トップページ | 廣島つけ麺。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昔は、吹き替え俳優が

その役者のキャラを決めていましたね。

愛川欽也さんなんかも

映画やアニメで活躍していました。

仰る通り

野沢那智さんは「イリア」であり

「ドロン」でありましたね。

ヤマサキがドロンで好きなのは

映画の「怪傑ゾロ」です。

あの劇中二役の、その中のオカマっぽい方なんか

絶品でしたね。


昔昔、日本放映の海外ドラマを見ていた老女が

「この俳優さん、日本語上手やね」と言った話…

それが象徴していますね。


今年は、いや今年も

たくさんの大切な人がお亡くなりになりました。

その中でも、野沢さんの声は

永遠ですよね。

今度の金曜日、話したいことは山盛りですが


…時間と、女史が…ねぇ。

投稿: ヤマサキ | 2010年11月 1日 (月) 22時33分

                    
欽也さんも素晴らしいエンターテナーですね、

子供番組からアニメ声優、吹き替え、役者、

司会・・・と。


洋画、海外ドラマを大好きになったのは

素晴らしい日本の声優(俳優)たちがいたから

でしょうね。

コロンボ=小池朝雄、

ショーン・コネリー=ボンド=若山弦蔵、

ロジャー・ムーア=ボンド=広川太一郎

ハリソン・フォード=村井国夫

この人にはこの人がそれぞれあります。

吹き替えを否定する人たちも多いと思いますが

私は2倍楽しめる派ですね!

エディ・マーフィーなんかは

富山敬さん、下條アトムさん、山寺宏一さんと

ビバリーヒルズコップ三作品、みんな違う、

本人を含めて4パターン、それぞれに面白みが

ありました。

「吹き替え声優」のテーマもいいかもしれない

のでは?あの人にあの人は合わないとか、

断固字幕派とか、あの声が懐かしいとか、

どんどん広がりそうですよ・・・

                    


                

投稿: ゆず親父 | 2010年11月 1日 (月) 23時57分

キャイ~ン キャイ~ン!!!!(笑)
ここで「アラン.ドロン」とは言わずもがな「イリア.クリアキン」!!!
滅茶苦茶ハマってました。夜中の再放送しか見ていないが あの絶妙な会話のセンス。最近 久々に観たいと思ってただけにブラックバスの如くに食いついてしまいました。野沢さん。アニメヲタでもあるアタシは様々なキャラが浮かびます。
シレっと軽くセンスの良い会話。今の時代ぢゃあ劇的な好況収入は無理ですね~。出来れば「特攻野郎Aチーム」より「ナポレオン.ソロ」をやって欲しかったと密かに思ってましたがキャラが変わるのも幻滅なんで あわよくばこの気持ちを胸に秘めて夢での続編を期待しておきます。
(@,@)v

投稿: Blue.Lizad | 2010年11月 2日 (火) 01時24分


ブル~さん

お~~、いましたかあ~ここにも・・・

会長くらいしかいないと思ってましたが、

60年代~70年代の海外ドラマは本当に

面白いものが多かったですよ。その中で

「0011・・・」これが一番印象強く

残ってますね、


そうそう「AOR」、ブル~さんは常連になって

きましたね。先日も「うどんネタ」聴きましたよ、

                     

投稿: ゆず親父 | 2010年11月 2日 (火) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スポットニュース | トップページ | 廣島つけ麺。 »