« カズダンス | トップページ | 炉ばた焼き »

2010年10月 3日 (日)

「大草刈大会」!?

「大喜利大会」ではなくて・・・

今朝はゆっくり朝寝をと思いきや、やけに朝も早くから

外が賑やか、車のエンジン音、人の話し声、そして

一斉に何台もの「草刈り機」の「ブロロロ・・・」「ブゥイ~ン」

「チ~~~ン、チ~~ン」・・・オーマイガッ!

すぐ近くにため池があるのです、もちろん貴重な農業用です。

年に数回、この水利組合が池の周辺の草刈りをやってる

のです。詳しい事はさっぱり分からないのですが、我が家の

前の道のすぐ向こうはもう治外法権!?お隣M町なのです。

ウチの田んぼはM町になるのですが・・・ややこしや~

この池もM町ではありますが、わが国の何軒、何十軒の家の

農業用水もここから利用してる訳で・・・さらにややこしや~

同じ白い軽トラックが道路にズラっ~と並び、同じ草刈り機を

持った団体が一気にエンジン始動、家の中とはいえかなりの

音量、さすがにもう寝れません・・・「OH~また大草刈大会が

始まったわあ~」とぼやくと、カミサンが「大会とはちゃうやろ!」

とかる~いツッコミ・・・しかしある意味この光景は「圧巻」です。

|
|

« カズダンス | トップページ | 炉ばた焼き »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

例の草刈り機の音は

体調と精神状態では

本当に苦痛に感じます。

非農民のヤマサキには

「腹立ちの種」だったこともあります。

新聞屋をしていて、朝、睡眠を取らなければならない時

あの音は拷問でしたね。

しかし、今やニューヨークで暮らしている

あの姪たちが丸亀に遊びに来た

彼女たちの小学生の頃…

近所のおじさんが草刈りをしている姿を

必死で写真で撮り

夏休みの研究発表にしたところ

先生に褒められたそうです。


彼女たちにとっては

異文化だったのでしょうね。

草刈りを見る度に思い出します。

投稿: ヤマサキ | 2010年10月 3日 (日) 23時58分


草刈り機やトラクターなど、

自分自身が使ってると、確かに五月蝿いのですが、

そう気になりません。ただこういう時は正直

「うるさいなあ~」ってなりますね・・・

まあニューヨークではこういう光景は見れない

でしょうね。なんなら体験までさせてあげますよ、

少々危険が危ないですがね。

                 

投稿: ゆず親父 | 2010年10月 4日 (月) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カズダンス | トップページ | 炉ばた焼き »