« 春がキタ~~~~! | トップページ | 「オヤジのパンツ」 »

2010年4月 5日 (月)

境界線。

「探偵ナイトスクープ」の過去の名作のひとつに、

「おばちゃん」と「お姉さん」の境界年齢を調査、

そんな依頼がありました。年齢順に女性に並んで

もらい子供たちが見た目でどちらか判断するという

シンプルで簡単な調査ですが、サンプルになった

女性陣もドキドキもんだったことでしょう・・・

いつまでも若く見られたい気持ちは男女ともに

変わらないのでしょうが、やはり女性のほうがその

気持ちは強いようですね、だから面白いネタに・・・

さて職場に一回り近い年下の先輩がいまして、

どことなく「とっちゃん坊や」的で、若いようで年寄り

ポイ雰囲気、いつも彼を呼ぶ時に「○○(名字)の

オッサン!」と声をかけます、すると「オッサンに

オッサン言われたないわ~」と、それでも笑いながら

言い返してきますが、これを同じように自分より下の

女性に言うと「もう~失礼な!」と同様に笑いながらでも、

顔はひきつって、目の奥が恐い・・・なんてことになります。

と、たわいもない話題でありました。チャンチャン!

|
|

« 春がキタ~~~~! | トップページ | 「オヤジのパンツ」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ヤマサキが「オッちゃん」と呼ばれた

その最初は大学2年の頃。

姉の子どもが出来たからです。

それだからあまり気になりません。

でも、おじいさんと呼ばれたら

少しイヤな気がします。

しかしながら、ヤマサキは結婚32年目。

子どもがいたとしたら

孫はもう小学校高学年です。

そしてヤマサキが教えている最下級生は

小学校4年です。

すると生徒から「おじいちゃん」と言われても

文句は言えないことに…


しかしながら、気持ちは15才です。

もっと言えば本心は「まことちゃん」です。

あのままの中年がここにいます。

「バサラ~!」

「グワッシ!!!!」

だもんね。

投稿: ヤマサキ | 2010年4月 6日 (火) 00時44分

私は姪には
絶対におばちゃんとは
呼ばせません!
産まれた時から言い聞かせてます。

でも同級生には今年
『孫』誕生予定…

複雑な心境です(^^;)

投稿: サボテン女 | 2010年4月 6日 (火) 01時42分

ゆず親父さんの長男坊がお店に現れ、いきなり「おっちゃん元気か?」

「うっ!」おっちゃんか・・・・おじだから
仕方ないけど、どこかさみしい。

思わず「ボクは・・・・」といきがってみました。

投稿: ロウソク屋 | 2010年4月 6日 (火) 13時16分

若々しく、元気でも

「おっさん」は「おっさん」なのだ。

残念ながら・・・

カミサンは「おばあちゃん」「ばあさん」

は、かなり嫌がりますね、「バアバ」が

まあ「許したるわ!」の限界です。

私は特にこだわりはありません、

「くそ爺」だろうがなんだろうが、

ただ「若」に大きな声で「ジイジ~」と

呼ばれると大満足であります。

しかし私も心の中はいつまでたっても

「青春の詩」です。どんなに「悲しくてやりきれない」

ことばかりでも「青年は荒野を目指す」のです。

「今はまだ人生を語らず」

「明日に向かって走れ」「ファイト」です

ただ「ガンバラないけどいいでしょう」。

・・・ってね!
                  

投稿: ゆず親父 | 2010年4月 6日 (火) 22時28分

今日から新中三の数学に入って

(といっても、二年間数学を見てきた連中ですが)

「これから1年、入試まで

先生はこの教室で好き勝手にしますから

お前たちは、先生が気持ちよく過ごせるように努力しなさい」

と宣言しました。

そしてこう付け加えました。

「そうしたら、お前らも気持ちよく入試を迎えられるから」と

ヤマサキは「わがまま少年」のままです。


生徒もそのあたりは理解していて

「頑張ります」と答えていました。


歳はいっても、「少年」はわがままなんだよ~

投稿: ヤマサキ | 2010年4月 6日 (火) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春がキタ~~~~! | トップページ | 「オヤジのパンツ」 »