« 高速で走れる道路。 | トップページ | 山崎秀雄の「WEEKEND FOCUS」⑧ »

2010年4月13日 (火)

「ナント!ここにも・・・」

以前勤めていた会社に、短期のアルバイトで

四国学院大学卒の硬式野球部だったバカでかい子が

いました。もちろんウルシバラ顧問もご存じで

「小さな県とはいえ、こんな繋がりもあるんだあ~」

なんて話をしていましたよね・・・

昨日から、今の会社にも新入社員(セールス候補)が

物流研修で4名ほどきていますが、その一人が

私の部所に入ったのですが、こやつがまたデカイやつ

「何かスポーツやってたの?」と聞くと「大学で軟式野球を

・・・」との答え、しかも「四国学院大学」と申すのです、

あれあれこんなところでも・・・軟式ですから直接ではなく

ても「漆原教授」の講義も受けていたそうです、

「へ~そうなんだ~、私はあの先生と親しくさせて

もらってる飲み友なんだよ」と言うと「エッ!そうなんですか、

」と驚いていました。やっぱ香川は狭いなあ~・・・ってか、

しかし、この二人に共通していたのは他の三人に比べて

「挨拶」がちゃんと出来てるとこです。大きな声で頭も

下げて「おはようございます」「すいません」「お先に失礼

します」・・・まあ当たり前のことですが、今は当たり前が

当たり前の時代でないだけに当たり前が嬉しいですね。

野球を通じてもあるだろうし、キャンパスライフの在り方が

窺い知れるようでした。

|
|

« 高速で走れる道路。 | トップページ | 山崎秀雄の「WEEKEND FOCUS」⑧ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

生徒の中には運動部に属している子が多いです。

でも、そのなかで

ハッキリと挨拶とか

大声で返答とかが

出来る子は少ないです。

最近は、黙ったまま運動部が出来るのでしょうか?


ヤマサキの持っている「運動部イメージ」は

第一に「元気」

第二に「元気」

第三が「大声」で

第四が「挨拶」です。


時代が違うのかもしれませんが

私の質問に「蚊が鳴くような声」(聞いたことない)

でしか答えられない男子が大半です。


「男、どうした?」

「運動部、どうした?」

「日本、どうした?」と

不安になります。

本気で不安になります。


そんな中でしっかりした卒業生を育てられているウルシバラ大教授…

「あんたは、エライ!!!!」

投稿: ヤマサキ | 2010年4月14日 (水) 01時03分

お褒めいただきまして、ありがとうございます。教え子たちの、みんながみんな挨拶ができるわけではないとは思いますが、でもキャンパスの雰囲気として、学生同士や教員への挨拶が相互に行われているというのはよく感じるところです。これは、本学の「良き伝統の一つ」と言っていいのかもしれません。

我が野球部では・・・、先日、新入部員への初ミーティングを行いましたが、コーチからの指導の第一声は、「新入生の君たちは、挨拶ができていないね。相手が気づいているとかいないとかじゃなくて、先生や先輩達にあったら、きちんと挨拶をするというのは当たり前のことなんだ。相手が見ていようがいまいが、自分のほうから声をだしてきちんと挨拶ができるようにしよう。うちの野球部で学ぶべき第一歩だし、うちはそういうチームです。」というものでした。

以前、広島の某大学と試合をしたときに、誰かれ構わず大声を張り上げて「チワース!!」とやっている相手選手達を見たうちの監督が、「心がこもっていない挨拶だよねぇ〜。僕は大嫌いなんだああいうのは。やはり相手の顔を見て、目を見て、挨拶はすべきだよねぇ。ああいうチームには負けるわけにはいかないね。」と仰っていたのが、強く耳に残っています。(結果、このチームには大勝しました。)

どこまでできるかわかりませんが、心のこもった挨拶のできる学生を、一人でも多く社会へ送り出せるように、日々指導して行けたらいいなと改めて感じました。ゆず親父さん、ヤマサキ会長、ありがとうごあいました。そして今後とも、叱咤激励宜しくおねがいします!

投稿: ウルシバラ | 2010年4月14日 (水) 12時28分

「挨拶」は一番大事な基本ですね、

去年も新人研修が一人だけでしたが

きました(四学大ではありませんが)

彼も同じように挨拶ができていました。

いよいよ営業課へ旅立つ前に

飲み会ついでの激励会をやったのですが

その席で老婆心ながら一言だけ

「とにかく大きな声で明るく元気に

挨拶して、名前と顔を覚えてもらうのが

当面の目標だよ・・・」と

「ハイ!頑張ります」あれから一年、

今も時々営業帰りに「お疲れ様です」と

立ち寄ります「ガンバッとるか~」と

声をかけると「もう大変です、でも

ようやく後輩が出来るので、もっと

頑張らなければダメですね」と笑顔で

話してました。一年前とはもう

全然顔つきが変わってました。

それに比べ彼らより随分と社会生活の

長い、新人パート男性のほうが

まったく挨拶出来ないのは情けない話

です。

投稿: ゆず親父 | 2010年4月14日 (水) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高速で走れる道路。 | トップページ | 山崎秀雄の「WEEKEND FOCUS」⑧ »