« 境界線。 | トップページ | 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」④ »

2010年4月 6日 (火)

「オヤジのパンツ」

ここ数年前から、一家の大黒柱の親父の下着、靴下

などを自分の娘から分別洗濯のご要望があるようで、

我が家では一切そのようなことはなかったのですが・・・

昨日、某ラジオ番組でこの話題のメールが来ていた、

「汚い」「臭い」「気持ち悪い」・・・?自分の親にです?

この日の放送はリスナーを招待しての公開録音で、

やはり同感者の声もあったのですが、さらに驚いたのが

奥さん自身も嫌だと言う人も、そして旦那だけでなくて

息子のもダメだそうです、さらにさらに彼らの入った

お風呂も無理だそうです・・・どうなんでしょうか?

「怒り」とか「憤り」、やはりボヤけばいいのでしょうか?

そこにはそこの暮らし方、接し方があるのだから別に

とやかく言うことではないのですが、でも・・・???

それ以外は楽しくやってるのでしょうか、結婚当初は

そうではなかったはずでしょうが・・・

私には理解できないのです。まさか今の時代、これが

「普通」なんてことはないですよね。

|
|

« 境界線。 | トップページ | 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」④ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

一生懸命授業をしていると

自然と「つば」が飛びます。

これが時折、一番前の子どもの顔にかかります。

でも、子どもたちはヤマサキに気を遣って

気づかれないように手で拭いています。


ヤマサキは言います。

「先生のつばがかかると賢くなる。

だから、我慢しなさい。

というか光栄に思いなさい」とね。


いわば「無茶苦茶」です。

親が聞いたら怒るでしょう。


でもそんな「不思議な世界」がなくては

親も驚くほどの「上達」は望めません。


ヤマサキは「絶対論者」です。


「俺を信じたら合格する」と言い切ります。

この「言い切り」が

ギリギリになると効果を発揮します。

夫や父親の下着を嫌うような妻、子供は

やはり「間違っている」と思います。

ヤマサキの父親などは

子供たちが口答えをすると

「お前ら、所詮父さんのチンチンの先から生まれたんやぞ」

(この台詞、必要ならカットしてください)

と叫んでいました。

これにはぐうの音も出ませんでした。


今年86才の父ちゃん、100までがんばれよ~

投稿: ヤマサキ | 2010年4月 6日 (火) 23時43分

以前テレビを見ていたときに
娘が父親を「臭い」と思う理由が説明されてました。
詳しくはライブラリーで。
(所さんの目がテン!「病気に強い 血液型 発見」2008年10月19日放送)
http://www.ntv.co.jp/megaten/library/date/08/10/1019.html

白血球の血液型が近い相手ほどその体臭を不快と感じるらしく、
女性は思春期ぐらいにもっともその「能力」が発達するんだそうです。
思い起こしてみれば、
洗濯物やお風呂を別にしてほしいとまでは思わなかったけど
昔たしかに父親は臭かったです。

母親に言うと
「アレは働いてかいた汗だ」みたいな感じで咎められましたが
その母親も「じいちゃん(自分の父親)は臭かった」みたいなことを言っていたような・・・coldsweats01

娘がある日お父さん臭いと思うのは生理現象だとして、
遺伝的に父親とは他人の母親がそれに同調するというのはなんとも愛のないハナシですね。

投稿: キキ | 2010年4月 7日 (水) 15時22分

さらに付け足しますと、

「バスタオル」の問題も・・・

今や家族一人に一枚が当たり前?

これには「洗濯・風呂」よりも

同感者が多かったみたいです。

我が家は、昔から今日まで先祖代々の

遺言?で「バスタオル」は家族で

使うものなのですが・・・

それに毎日洗うとか(衛生面では

間違ってないようですが・・・)は

常識だそうで・・・

でも「潔癖症」ではないと言うのです。

どうにもよ~わからんです。

総合的に極端に考えると、たとえば

親同居の6人家族の家庭で、毎日

「風呂・洗濯」を全員分となると

水道代・光熱費・雑費・手間・・・

凄いことになるのではないざんすか?

もっと皆々様の意見が聞きたいものです。

                   
会長、直球入魂の意見、ありがたいです。

キキさん、面白い資料提供ありがとう。

                 

投稿: ゆず親父 | 2010年4月 7日 (水) 21時18分

5才くらいには父親と
一緒に寝てたし、
寒い時期、父親のジャンバーに後ろから
頭をつっこみ、かぶって
背中にしがみついたまま
朝晩送り迎えしてもらってました。

そんな私が17才くらいには
父親が私の布団で寝ているのを見つけ
『汚い!臭い!』を連発し、
大激怒した事があります。

同じバスタオルは絶対ありえないです。

父親が臭いと思うのは
生理現象なんですね〜
反抗期なんだと思ってました。

私は母や妹ともバスタオルは別ですね。

姪はもっと神経質に
体を拭くタオルと髪を乾かすタオルが別でないとダメ。
『同じでええやん』と言うと
『ありえんし』との返事でした。

投稿: サボテン女 | 2010年4月 8日 (木) 13時00分

サボテン女さん

ご意見ありがとう、

そうなんだあ~・・・

「お父さんの前では言わないように」

なんて娘に母親が言うのでは?

そうすべきなのでは?と思うのですが、

それも違うのでしょうかね・・・

まあ家庭それぞれ、人それぞれ、

時代もそうでしょう、

我々の世代の当たり前、常識が今は

そうではない、もしかして非常識ライン

なのかもしれません。

別にそれはいいんです、何も変わること

なくこれからもですから・・・

ただ驚きと残念はまだまだ続きそうです。

投稿: ゆず親父 | 2010年4月 8日 (木) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 境界線。 | トップページ | 漆原光徳の「WEEKEND FOCUS」④ »